吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:ギャラリー( 53 )


第26回 梨の会展


e0189014_12445870.jpg

2階ギャラリーにて、第26回梨の会展を開催しています。
いつも当館をご利用いただいている「梨の会」さんの作品展は、今年で26回目。
会設立当初の先生がお亡くなりになられたあとも、教え子の皆さんが集まり、新しい顧問の先生のもとで絵を描き続けているそうです。

e0189014_12452666.jpg

梨の会展は、その長きにわたる鍛錬の跡が観られる、力作揃いの作品展です。
海の光のきらめき、燃えるような紅葉、どこか懐かしさを覚える街並み。
それぞれの手によって描き出された日常の美しさを、味わってみませんか?
会期は10:00~17:00、最終日は6月20日(月)16:00まで。入場無料です。
どうぞお越しください。

e0189014_12453167.jpg


スタッフT



[PR]
by yoshino-plaza | 2016-06-15 13:51 | ギャラリー

第5回竹生印人会篆刻展


e0189014_929964.jpg

みなさんは「篆刻」ってご存知ですか?
とても歴史があり、興味深いんですよ!
快晴の本日、2階ギャラリーで「第5回竹生印人会篆刻展」が始まりました!


e0189014_101366.jpg

篆刻は、「篆書」という書体の文字を彫った印章のことです。
印章は、中国の殷(紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年)の時代から金属を鋳造して作られるようになりました。
文字は、象形文字から、時代を経て変化し、春秋時代(紀元前770年-紀元前403年)に「篆書」という書体が作られました。地域や時期によっていろんな文字が使われていましたが、秦(紀元前778年 - 紀元前206年)の始皇帝の時代に、文字が統一されて、印章の制度もできたそうです。

当時は、紙がないので、文字は木簡などに書いていて、
木簡を束ねて粘土で封をして、責任の所在などの証明として粘土の上から押印して使われていたんですって!

そして漢の時代になると、紙が出回るようになり、
印章の素材もやわらかい石で彫るようになりました。鋳造しなくても作ることができるようになったので、高貴な人だけでなく、だんだん一般の個人も持つようになったそうです。

粘土から紙になったことで、彫り方も変わりました。
粘土に押印していた頃は、文字部分を彫った印章でした。粘土に印を押しつけると文字が盛り上がって凹凸が出来ていましたが(陰刻)、
紙に押印するようになると、文字が見やすくなるように、文字以外の部分を削って、文字が印字されるようになりました(陽刻)。
今でも、重要なものには、粘土時代の陰刻で彫られるそうですよ。
e0189014_10115341.jpg
☆左下◣文字が彫られているのが陰刻。 右上◥文字が黒く浮き出ているのが陽刻。

そして明・清の時代になると、篆刻が教養人のたしなみの一つとなって一般にも普及したそうです。
彫る文字も、かつては人の名前や証明としての文字がほとんどでしたが、
座右の銘や故事成語、漢詩など、好きな言葉を彫るようになりました。
そして、江戸時代の日本にも広まったそうです。
e0189014_10255711.jpg
☆文字の意味も書いてあるので、言葉が心に響きますね。

竹生印人会は、
竹内竹生居先生の6つの教室の生徒さんたちで構成されています。
先生から出された課題の文字と、各自選んだ文字の篆刻作品を、月1回の教室で講評していただき、技術を高めていらっしゃいます。
また、次の作品はどんな言葉にしようかと、さまざまな本を読んだりして日頃から言葉に対してアンテナを張っていらっしゃいます。

e0189014_111033100.jpg
実際の石(木製もあります)と押捺した掛け軸の作品がありますので、比べてみるのも面白いですよ。
9/28(月)まで開催しています。是非お越しください!

e0189014_10481985.jpg
☆お話をお伺いした津田さん。「和敬静寂」という千利休の言葉が彫られています。興味深いお話をありがとうございました!

e0189014_11425835.jpg第5回竹生印人会篆刻展
9/28(月)まで開催中!
10時~17時 ※最終日は15時まで
2階ギャラリー
無料


スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-09-22 16:24 | ギャラリー

☆☆「F展」開催中☆☆


「芸術の秋」のはじまり♪♪
ただいまギャラリーでは、南太田在住またゆかりの方々による
「F展」が開催中です!

今年で5回目をむかえられるという「F展」。
「F」とは…?
Free」=誰でも自由に参加して、楽しむことができる
Friend」=参加したみんなと友達になれる
Family」=そして家族のようになれる
Fantasy」=創造性のある、夢のある空間

などの意味をこめられた、「F」からはじまる、さまざまな英単語の
頭文字をとっているそうです。
その他にも、「Fight」「Fire」などの「熱い」「強い」意味をも込めたという
とっても可能性に満ちた、力強い素敵なネーミングですね!
e0189014_1752790.jpg
e0189014_1762026.jpg

その名のとおり、出展されている方はお子さまからシニアの方までと幅広く、
絵画、陶芸、刺繍、壁飾りなど、多種多様なジャンルの作品があり
みているだけでワクワクしましたよ~☆

本日(9月12日)には、オープニングセレモニーとして、ギャラリー入口隣
ギャラリーホワイエにて、世界で活躍されるバレエダンサーの方の踊り、
また、近くヘルシンキ公演を控えていらっしゃるという一門の方々による
「南京玉すだれ」の披露があり、来場されたたくさんのお客様も大盛り上がり♪♪

e0189014_10185372.jpg

e0189014_1019684.jpg
e0189014_10191837.jpg

e0189014_10193078.jpg


ダンスという、身体で表現する芸術。
枠にはとらわれないながらも、人々を惹きつける、「伝統芸能」。
幅広い「アート」が一堂に会する、とっても贅沢な空間でした☆

F展は来週月曜日まで開催しております!!
ぜひぜひ、お越しください♪♪

【会期】~9月14日(月)
【時間】10:30~18:00 ※最終日は16:00まで

スタッフNS
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-09-12 16:49 | ギャラリー

ただ今、2Fギャラリーでは、「第18回よこはま写遊会写真展」を開催中!

『よこはま写遊会』は、横浜市の写真教室に参加したメンバーの有志で設立。今年で20年目になるそうです。

「ここでお祭りがあるよ」「あそこで今、花が綺麗に咲いているよ」
と仲間同士で撮影スポットの情報交換をして撮影に行き、
毎月1回の会合で先生に講評をしていただいて、写真技術を磨いています。
e0189014_455170.jpg


今回の写真展のテーマは「灯り」。
燃えたぎる炎、街の灯りなど、
それぞれの感性で切り取った写真が展示されています。
e0189014_3462776.jpg

そして、自由作品。
被写体は風景、人物、建物などさまざま。
e0189014_401797.jpg

「同じものを撮っても、人によって観点が違うので、全く違う写真になる。そこが面白い。」と、会長の中谷さん。
「思いがけない場面に遭遇し、予想もしなかった写真になる時がある。
技術も大事だけれど、常に感性を磨いていることで、そういった場面に出会うことができる。発見も出会い。いろんな出会いがとても楽しい。」
と、お話していただきました。
e0189014_41761.jpg

20年続いた『よこはま写遊会』ですが、
今回の写真展をもって、解散されるそうです。
解散しても、それぞれ写真を撮り続けられるそうですが、発表するのは最後とのことです。

楽しみながら写真技術を磨き、
被写体を優しく見つめている素敵な作品ばかりです。
是非、足をお運びください。
e0189014_4175895.jpg

第18回よこはま写遊会写真展
5/24(日)まで開催中。
10:00~17:00

スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-05-21 21:20 | ギャラリー

e0189014_17405110.jpg

ギャラリーの中に足を踏み入れると、作品たちがニコニコして歓迎してくれるかのような温かい雰囲気。
ただいま「第17回江影会 写真展」が開催中です。



「江影会」は18年前に神奈川新聞の写真部部長でいらっしゃった江嶋先生を中心に活動が始まりました。
毎月撮影会を開催し、後日、作品を持ち寄り、先生にアドバイスをしていただいています。江嶋先生が他界されてからも、神奈川新聞写真部OBの大河原先生にご指導いただいて、現在も続けていらっしゃいます。(今回の展覧会の模様が3月19日(木)の神奈川新聞に掲載されたそうですよ☆ WEB版はこちら
e0189014_1753840.jpg


日頃の活動の発表として年に1回写真展を開催されていて、
第17回目の今回の課題は「道」。
これまで生きてきた道、これから進む道、いろんな想像が膨らむ素敵な写真が展示されています。
e0189014_17544148.jpg


e0189014_17561623.jpg
「自分の作品をいろんな方々に見ていただけるのがうれしい」と、お話をお伺いした元会長の高宮さん。
横浜港に入港中のダイヤモンド・プリンセス号と満月の素敵な写真を出品されています!



最近はデジタルカメラが主流ですが、今回の写真展には何点か、フィルムで撮った写真もあるそうです。
デジタルは即時性がありとても便利だけれども、フィルムだと丁寧に熟考して撮影するので、一枚の写真に対する気持ちが強くなって、作品にも反映されるそうです。

写真の技術だけでなく、何を撮るのか、そして、被写体にどう向き合うのかが大事。でも、写真にも個性がでるからね、常日頃から感性を磨いていないとね、と高宮さんはおっしゃっていました。

課題作品の他に自由作品も含めて52点の作品が展示されています。横浜近辺だけでなく、北海道や海外などの写真もあり、その場の空気が伝わってくるようです。
3月23日(月)まで開催しています。是非、お越しください!


e0189014_18134188.jpg
第17回江影会 写真展
3月23日(月)まで
10:00~18:00
2階ギャラリーで開催中!
※最終日は17:00まで



スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-03-20 18:14 | ギャラリー

横浜清陵総合高校写真部・新羽高校写真部・横浜清風高校写真部
合同の写真展が2Fギャラリーにて開催中です。
e0189014_15374468.jpg

清陵高校は、芸術活動として「写真制作」をとらえているため、絵画などと同様、
最後まで自分で仕上げるという姿勢を貫いて、校内の暗室でプリントするそうです。
e0189014_15433597.jpg

16人が同時にプリントできる県下最大級の暗室を持ち、その技術を後輩たちへ
継承し続けているとの事。

奥深い写真の世界に迫るべくまずはモノクロで腕を磨くというディレクション!
脱帽します! 頑張れ!
e0189014_1550176.jpg

清陵高校の部員は意外にも全員女子♪ 
モデルも部員さんなのか、いい表情を引き出しています☆
本当に力作揃いの写真展、元気もいただいちゃってください!
e0189014_164198.jpg


当館2Fギャラリーにて、入場無料・2月16日(月)まで。
開催時間:9時30分~18時(最終日のみ15時)
是非、ご来館ください。


Staff : Amigo 2015.02.12.
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-02-12 16:09 | ギャラリー

e0189014_16111886.jpg
本日1月21日(水)から、ギャラリーにて『第12回 キルトサークル「MINT」作品展』を開催中です。
今回は~ベビーキルト100枚大集合~と題して、100枚のキルトが勢ぞろい!圧巻です。

e0189014_1642132.jpg


ギャラリーの入口では、かわいいぬいぐるみ達がお出迎え。
ベビーキルトの展示に合わせた素敵なデコレーションです。こちらも手づくりですって!





2年に1回のペースで展示会を行っているキルトサークル「MINT」。
1989年に創立し、今年で27年目。26名のメンバーが月2回、日限山小学校のコミュニティで活動されています。特にルールは設けず、モチーフ、布や色合いも自由に選び、自分の作りたいものを作るというのが基本だそうです。

e0189014_16182851.jpg

これまではベッドカバーを出展してきたそうですが、100枚展示にチャレンジするために、ベッドカバーの3分の1の大きさのベビーキルトを制作。メンバー1人3枚以上作って、100枚展示を達成しました、と代表の石黒さん。

e0189014_16185599.jpg

ベッドカバーを1枚完成させるのに、どれだけ時間がかかると思いますか?
なんと、2年もかかるそうですよ!
3分の1の大きさのベビーキルトは1枚つくるのに6か月以上かかるそうです。
1針1針、気持ちのこもった素敵な作品ばかりです。

e0189014_16234193.jpg
ギャラリーホワイエでも素敵に展示していただいています。
そして、ご来場いただいたお客様にゆっくりしていただこうと、休憩スペースを設置。
いらっしゃたお友達やお客様との会話もはずんでいました。



e0189014_16292996.jpg
こんな立体的な作品も!
いろいろなモチーフで作られていて、一枚一枚とっても魅力的ですよ!

『第12回 キルトサークル「MINT」作品展』
~1月25日(日)まで
10:00~17:00(最終日は15:00まで)
入場無料



スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-21 16:48 | ギャラリー

書道展開催中!


e0189014_1125376.jpg

みなさんは、新しい年を迎えて、書初めはされましたか?
ただ今、吉野町市民プラザの2Fギャラリーでは、
「第59回夢育会書道展」を開催しています。





e0189014_11172494.jpg
夢育会は、昭和37年に、現在の代表でもある内藤さんが仕事仲間と一緒に作った同好会が始まりだそうで、今年で、なんと54年目。会のメンバーもだんだん増えて、毎年1回の書道展には多くの方が出展されるようになり、今回の第59回は、およそ130点もの作品が展示されています。



ギャラリーホワイエには子どもたちの作品。
e0189014_11564638.jpge0189014_11574210.jpge0189014_1158560.jpg
全て違う文字を書いているのは、上手かどうかではなく、子どもたちそれぞれの個性を大事にしているから。
「初めて書道をした子で、「の」の字を書くのに、筆を持って自分が紙の周りを一周した子もいたのよ。子どもって、ほんと、芸術家ね。」と内藤さん。子どもたちに、自由に文字を書く楽しさを伝えていらっしゃいます。
カラフルなパネルは、夢育会のメンバーの手作り。子どもたちの作品を大事にしている気持ちが伝わる素敵な展示です。

そしてギャラリー内では・・・
e0189014_12385545.jpge0189014_1244396.jpg










紙だけでなく、木に文字を彫り込んで彩色した作品や、
屏風に花を添えることで独自の世界感をつくっている作品、
紙も白だけではなく、作品に応じてピンクや緑にしたり、
黒一色の墨ではなく、濃淡を使って表現されていたり。
自由な発想で、様々な表現方法の作品があり、楽しく見ることができますよ。
是非お越しください!

次回は記念の第60回目の展覧会。
こちらも吉野町市民プラザのギャラリーで来年の1月に開催予定です。

e0189014_12452218.jpg

「第59回夢育会書道展」
1月19日(月)まで開催中
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
入場無料


スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-17 12:06 | ギャラリー

切り絵展 開催中!


現在、ギャラリーでは、「切り絵展-光と影」を開催しています。
緻密でとても美しい作品が展示されています。


e0189014_24206.jpg「横浜南切り絵同好会」の発足10年を記念した展覧会。
切り絵を始めて2年目の方から10年のベテランの生徒さん、そして、指導をされている名取政一郎先生の作品が並んでいます。
中には、全国の切り絵コンクールで優秀賞を獲得した作品が4作品もあり、力作ぞろいですよ!


「切り絵」というと皆さんはどのようなものを思い浮かべますか?
この切り絵展の作品は、想像以上に美しく、繊細で、素晴らしいものばかりです!
e0189014_261846.jpg

題材は、名所旧跡などの風景が多いそうです。
実際に、その場所に足を運んで、自分で撮影した写真をもとに作っていきます。臨場感のある作品が多いのも、実際に土地の空気を感じているからなんですね。


e0189014_2291721.jpgモノクロだけでなく、カラーの作品も。
色の部分は、黒の洋紙の裏から、和紙を貼っています。
和紙は、繊維が絡み合っているので、丈夫で剥がれにくく、しかも味わい深く、作品にしっくり馴染むんですよ、と名取先生。
作品全体に色を付けるわけではなく、白い部分、黒い線も生かして、自然な感じで立体感を表現されています。

e0189014_2193224.jpg
モノクロの作品も、白と黒の2色のみで、光と影、奥行き、陰影を表現しています。
とても奥深い世界で、そこが切り絵の魅力だと名取先生はおっしゃっていました。



e0189014_2403034.jpg

ちょうど、お父様の作品を見に、娘さんが来館され、親子で鑑賞する場面も。
楽しく切り絵に取り組んでいる生徒さんたちの姿が見えるようでした。





是非、実際の切り絵作品を見にお越しください。


e0189014_2425955.jpg

「切り絵展-光と影」
10月27日(月)まで開催
10時~17時
※最終日は16時まで




スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-10-24 10:00 | ギャラリー

芸術の秋ですね


ついこの間まで暑かったのに、もう10月。
芸術の秋ですね。

e0189014_19211615.jpg
吉野町市民プラザでは、1作品につき1,000円で1か月間、気軽に展示できる「わたしのギャラリー」というコーナーがあります。
今月は、1階から2階に上がる階段の壁に、
水墨画、色鉛筆、水彩画などの12の素敵な作品を展示しています。




e0189014_19375151.jpg
一つ一つの作品をじっくり鑑賞しながら階段を上るのもいいですよ。


e0189014_19401559.jpgでも、観るのに夢中になって、転ばないように。お気を付けくださいね。
ご来館、お待ちしています。


「わたしのギャラリー」の出展は、毎月募集していますので、お気軽にスタッフにおたずねください。

どしどしご応募ください!





そして、そして、
来月は「ANIMAL PHOTO CONTEST 2014」の作品も展示します!
ただ今、作品募集中です。応募〆切は、10月25日です。
くわしくは、こちらをご覧ください。
かわいい、楽しい、一瞬の表情、奇跡の瞬間・・・などなど、動物の写真をお待ちしています。

芸術の秋は、始まったばかり。
身近な芸術を味わいに、吉野町市民プラザへお越しくださーい!


スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-10-04 19:50 | ギャラリー