吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

チャレンジ☆ザ☆ギター 5日目(GWS2016)


7/10(日)
強い日差しが降り注ぐ中、
冷房がきいた室内で、ギターワークショップ5日目が行われました。

前回までの投票で、「ムーンリバー」につづく発表曲が……


「空も飛べるはず」に決定!!!


堀井先生が編曲した楽譜が配られ、みなさんさっそく練習に取り組んでいました。
しかし、まずは基本から復習です。

e0189014_15214350.jpg


右手は、指先を使い、弦に触れた状態から力を加えて弦を弾くこと。
左手は、力を入れすぎず、最小限の力で抑えること。

ギターに慣れてきた頃だからこそ、基本が大切ですね。

そして音量を制御する話で、堀井先生が、弦を「弓」に例えて説明してくれました。
「弓」は、強く大きく引けば、遠くまで「矢」が飛びます。
「弦」も、強く大きく引けば、遠くまで「音」が届く。

でも力んでしまったら「矢」は綺麗に飛んでいきませんね。
綺麗に音を届かせるのも、同じことが言えるのかもしれません。


基本を確認しなおしたところで、「空も飛べるはず」を練習……したいところですが、
まずは前回、導入部分を練習した「ムーンリバー」の確認。

堀井先生の伴奏にあわせて、みんなでメロディラインを演奏しました。

家で練習した成果が出たようで、堀井先生も驚くほどの完成度!!
まだ導入部分だけですが、この調子なら発表会も怖くありませんね。

e0189014_1522290.jpg


次の段階として、1つの音を複数の弦で弾く話になりました。
例えば、①弦の1フレットの音は、②弦の6フレットでも、③弦の10フレットでも鳴らせるそうです。

つまりメロディラインを弾いていて、左手が大変だと感じたら、他の場所に変えられるということですね。


メロディラインの次は、コード演奏の確認です。
前回までに8種類のコードを覚えましたが、
今回新たに「Am7」「G]「D]「D7」「Dm」「B7」「F」「F△7」のコードを駆け足で覚えました。

すぐに全てのコードを覚えるのは難しいですが、
発表曲で使うコードは、順番に覚えていきたいですね。

ただ「F」だけは、堀井先生から特別な説明がありました。
「F」は、人差し指だけで6本の弦を全て押させる技術が登場します。
みんなで一緒にやってみましたが、どうやっても6本すべてを綺麗に鳴らすのは難しいようです。

e0189014_15222254.jpg


「F」で挫折する初心者の方は多いそうで、堀井先生は「F△7」で代用できるように編曲してくださっているそうです。

でも、いずれ「F」を押さえられるように、今から練習しておきたいですね。
堀井先生によれば「F」は力で押さえつけても鳴るようにはならないそうです。
逆に小学校低学年の子どもでも、コツさえ掴めば綺麗に鳴らせるそうです。


ギターワークショップも、あと5回となりました。

次回からいよいよ後半戦!!

スタッフA
[PR]
by yoshino-plaza | 2016-07-12 15:23 | ギターワークショップ