吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧



よく晴れた1月26日月曜日、永谷小学校に行ってきました。
横浜市芸術文化教育プラットフォーム 学校プログラム、ついに最終日です。
(1日目はコチラ)(2日目はコチラ

e0189014_1516638.jpg
画板と画用紙、色鉛筆を持って音楽室に来たみんな、とてもわくわくした表情001.gif
楽しみにしている様子が伝わってきました。
どんな作品が見られるのか期待でいっぱいです!045.gif


最終日である今回は、大石さんのサックスの演奏を聴いてイメージした絵を子どもたちに自由に描いてもらい、タイトルを付け、みんなで見ながら発表してもらいました。
e0189014_14144873.jpg
初めに曲の冒頭だけを少し演奏し、本番演奏に入ります。
10分ほどの演奏の間に、子どもたちの筆はどんどん進みます。
みんな集中して描いていました。

e0189014_1534665.jpg
子どもたちに混ざって、新居さんにも参加していただきました。







完成した自分の絵にタイトルをつけます。
そして、一旦自分が描いた絵は回収! そしてシャッフル!
ランダムに子どもたちへ配ります。
手元に渡った友だちの描いた絵を見て、タイトルをつけます。
e0189014_14153215.jpg

絵を飾って、友だちの絵にタイトルをつけた人と絵を描いた人の
感じたこと、わかったこと、ひらめいたことを自由に話してもらいました。

夜の風景を描いた人、砂漠を描いた人、城を描いた人、幾何学模様を描いた人…
同じ音楽を聴いたけど、イメージした情景やモチーフはみんなばらばら。
そして、自分が付けたタイトルと友だちが付けたタイトル、同じ絵なのに違うタイトルが付いていたり。
表現や感じ方の違いをお互いに見つけて認め合うことを学びました。
e0189014_1516256.jpg
中には大石さんをモデルにした絵も!037.gif
魅力的な作品ばかりで、子どもたちの感性の豊かさには本当に驚かされました。
友だちが描いた絵をひとつひとつ熱心に鑑賞している姿も印象的でした。


最後の授業が終わった後、子どもたちが綺麗なお花と合唱をプレゼントしてくれました!
すてきな歌声をどうもありがとう!

3日間のワークショップを通して、自分が感じたこと、イメージしたことを言葉や絵で表現すること、そしてそこから互いの個性を尊重することを学んでいました。
今回のワークショップを機会に、これからもたくさんの芸術に触れて、持前の素晴らしい感性に更に磨きをかけていただけたら嬉しく思います072.gif
e0189014_18344541.jpg

講師の大石さん、新居さん、先生方、そして永谷小学校のみんな、
ありがとうございました!




スタッフ:k048.gif
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-29 18:51 | ワークショップ

大岡川アートプロジェクト「光のぷろむなぁど2014」のイベント写真を募集した
第4回 光のフォトコンテストの作品審査会が行われました。
e0189014_122843.jpg

今回は約100点の応募作品の中から
審査委員長の南信一郎先生や
大岡川アートプロジェクト実行委員長杉山さん、
アートディレクターのふじたおさむさんたちによって
入賞作品15点が選ばれました。
e0189014_1213143.jpg

e0189014_1215417.jpg

第4回 光のフォトコンテスト写真展は
2015年2月25日(水)~3月1日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
吉野町市民プラザ2Fギャラリーにて開催されます。
みなさまのご来館お待ちしております。

スタッフS
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-26 12:04 | 大岡川アートプロジェクト

e0189014_1134222.jpg

ギターワークショップ ステップアップ☆ザ☆ギター
「ギターコード完全マスター」の第2回目が開催されました。
まずは前回の復習、ルートの種類、コードの種類の確認からスタートしました。
響きの土台となるルートの種類は12種類
コードの種類としてオープンコード、シフトコード、分数コードや
トーンクラスター、アッパーストラクチャートライアードといった
現代音楽やジャズで使われるコードなどがあります。

フォームを変えずフレットの移動だけで
12のルートを作ることができるシフトコードの種類
「パワーコード」、「ハイポジションコード」、
「アブリビエイテッドコード」を確認しました。
e0189014_1136117.jpg

そして堀井先生の実演をまじえてコードタイプについて確認しました。
「北の宿から」のどこに「m7-5」がワンポイントで入っているか、
「翼をください」では「sus4」がどの分部に使われていたか見つけるレッスンをして、
「蛍の光」では複数のコードタイプを使った演奏を実演していただきました。
e0189014_11351342.jpg

今回の講座でのコードの覚え方の手順を教えていただきました。
オープンコードとシフトコードを分けて覚え、
オープンコードについては堀井先生から優先的に覚えたほうが良いものを
教えていただき覚えていきます。
シフトコードについては重要な「⑥弦上と⑤弦上のルート音」を暗記し、
「パワーコード」→「ハイポジションコード」と覚え、
必要に応じて「アブリビエイテッドコード」などを覚えていきます。

そして講座ではオープンコードから覚えていくことになりました。
今回、参加者のみなさんが覚えやすいようにと
堀井先生が遊び感覚で暗記していくことができる
「性格別コード暗記チャート」を作ってくださいました。

チャートでは性格がでそうな
「電車では端に座る」
「五目並べが好きだ!」
「自分は高い壁に直面するほど燃えるタイプだ」
などなど、とても面白い8タイプのチャートがあります。

その中から「Cだけは自信がある」を選び
みなさんで重要コードを覚えていきました。

Cから4指をつけるとC7、
Cから1指をとるとC△7
そしてCを縦に広げるとG7
などなど基本となるドミソのコードCを
少し変えるだけで8個の重要なコードを覚えることができました。
e0189014_11365972.jpg

このようにワークショップでは堀井先生の経験をもとに
覚えやすい順番やポイントなどをまじえて楽しい講義が続いていきます。
次回もとっても楽しみです。

スタッフS
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-26 11:40 | ギターワークショップ

1月23日金曜日、永谷小学校に行ってきました。
横浜市芸術文化教育プラットフォーム 学校プログラムの2日目です。
(1日目はコチラ
e0189014_16304875.jpg

今回の授業では、みんなに音楽を聴いて感じたことを話してもらいます。

今回も大石さんがサックスを吹きながら登場しました。
登場時に演奏していたのは、楽譜がなく、感じたままに演奏する「即興演奏」というもの。そして、演奏を聴いて子どもたちがどう感じるのか、みんなの意見が大石さんの活動の参考になるそうです001.gif

「答えはありません。音楽を聴いて感じたこと、考えたことを素直に教えてね」との説明から、まずは2択問題を投げかけます。
「海の音楽? 山の音楽?」
「温かい? 冷たい?」
「甘い? しょっぱい?」(美味しかった!との声も012.gif
お二人の演奏を聴きながら、みんなイメージしていきます。

そして「春? 夏? 秋? 冬?」とイメージの幅が増える質問から演奏がスタートしました。
みんな答えはバラバラ。
どうしてそう思ったのか聞いてみると…
「優しくて穏やかな音が、春に桜がヒラヒラ落ちるイメージ」
「ゆっくりした音が、枯葉が落ちる悲しい秋をイメージ」 等々…
みんな、音の印象から情景をしっかりイメージしていました。

次は、3枚の絵を見ながら音楽を聴いて、ふくらんだイメージを話してもらいます。
e0189014_16453140.jpg


大石さんがサックスを構えると、
「ソプラノサックスだ!」との声が!
前回紹介したことをちゃんと覚えてる! さすがだね!




抽象的な風景や動物の絵、街の絵などを見ながら、演奏に合った絵を選んで発表してもらいました。
同じ曲を聴いているのに、イメージするものはみんな違いました。
「寂しい雰囲気の音が、徐々に上空へ浮かぶ孤島に残された人の心の寂しさを表してる」
「存在感がある音が、大きなクジラの姿をイメージした」
「優しい音が子守唄のように聞こえ、絵の中のフクロウが寝ているように見えた」
「不思議な音楽が、何もないところに何かが落ちてくる様な予兆を表してるみたい」
他にもたくさんの素晴らしいお話を聞かせてくれました。

子どもたちの豊かな想像力は、断片的な風景だけを思い描くのではなく、その想像の中に主人公がいて、そこから1つの物語が生まれていました。
その自分の頭の中に広がった物語をたくさんの子どもたちが積極的に手を挙げて発表してくれました。
同じ絵でも、みんなそれぞれ視点が違う!
ある子にとっては「糸」だったり、また別の子には「神経細胞」に見えたり…
そして、ある子にとっては「温かい音」に聴こえ、別の子には「寂しい音」に聴こえたり…

1人1人、違うイメージが浮かんでいたようでした。
たくさんの個性が光っていました!
感じたことを言葉にするということを学びました。

次回は、演奏を聴いてイメージしたこと、感じたことを、みんなが絵を描いて表現します!
「おもしろそう!」との声も上がり、楽しみな気持ちが伝わってきました018.gif

いよいよ次回で最終回。
みんなの絵を見られるのが楽しみで待ち遠しいです。

e0189014_16294297.jpg




スタッフ:k
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-25 12:29 | ワークショップ

e0189014_16111886.jpg
本日1月21日(水)から、ギャラリーにて『第12回 キルトサークル「MINT」作品展』を開催中です。
今回は~ベビーキルト100枚大集合~と題して、100枚のキルトが勢ぞろい!圧巻です。

e0189014_1642132.jpg


ギャラリーの入口では、かわいいぬいぐるみ達がお出迎え。
ベビーキルトの展示に合わせた素敵なデコレーションです。こちらも手づくりですって!





2年に1回のペースで展示会を行っているキルトサークル「MINT」。
1989年に創立し、今年で27年目。26名のメンバーが月2回、日限山小学校のコミュニティで活動されています。特にルールは設けず、モチーフ、布や色合いも自由に選び、自分の作りたいものを作るというのが基本だそうです。

e0189014_16182851.jpg

これまではベッドカバーを出展してきたそうですが、100枚展示にチャレンジするために、ベッドカバーの3分の1の大きさのベビーキルトを制作。メンバー1人3枚以上作って、100枚展示を達成しました、と代表の石黒さん。

e0189014_16185599.jpg

ベッドカバーを1枚完成させるのに、どれだけ時間がかかると思いますか?
なんと、2年もかかるそうですよ!
3分の1の大きさのベビーキルトは1枚つくるのに6か月以上かかるそうです。
1針1針、気持ちのこもった素敵な作品ばかりです。

e0189014_16234193.jpg
ギャラリーホワイエでも素敵に展示していただいています。
そして、ご来場いただいたお客様にゆっくりしていただこうと、休憩スペースを設置。
いらっしゃたお友達やお客様との会話もはずんでいました。



e0189014_16292996.jpg
こんな立体的な作品も!
いろいろなモチーフで作られていて、一枚一枚とっても魅力的ですよ!

『第12回 キルトサークル「MINT」作品展』
~1月25日(日)まで
10:00~17:00(最終日は15:00まで)
入場無料



スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-21 16:48 | ギャラリー

1月19日月曜日、横浜市芸術文化教育プラットホーム 学校プログラムとして
横浜市立永谷小学校に行ってきました。
e0189014_16463452.jpg

サックス奏者の大石将紀さんとピアニストの新居由佳梨さんを講師に、
4年生を対象とした全3日間のワークショップを行います。

e0189014_16494874.jpg
念入りにリハーサルをするお二人。
子どもたちはどんな反応を見せてくれるのでしょうか?






わくわくした表情で音楽室に集まった子どもたちの前に、大石さんがサックスを吹きながら登場!
子どもたちも興味津々で大石さんに釘付けです。
e0189014_1658066.jpg

新居さんも登場し、サックスとピアノのセッションから、
「勇気100%」のメロディーが流れだしました。
リズムに乗る子どもたちの姿も見受けられます。

最初に、大石さんによるサックスについての説明から始まりました。
「何ていう人がつくったか、わかるかな?」と問いかけると、たくさんの子どもたちが元気よく手を挙げます!
正解を答える子どもたちもちらほら。みんな物知りだなぁ!
そう、サックスは1840年(175年前!)頃、ベルギーのアドルフ・サックスという人が作った楽器です。
サックスは全部で7種類。今回はソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックスの3種類を用意してくださいました。
e0189014_13582516.jpg
こちらの「ゲットブラスター」というラジカセ(かっこいい…!!)を使って、
Jacob TVの「Grab it!」という曲を、テナーサックスで演奏してくださいました。
e0189014_1701352.jpg

ラジカセから人の声等をサンプリングした音が流れ、テナーサックスとのデュエットが繰り広げられる楽曲。
聴いたことのない楽曲に初めはびっくりしつつも、聴いているうちに、そのあまりのかっこよさにみんな目がキラキラ。

e0189014_1473367.jpg

続いては、新居由佳梨さんによるピアノについての説明です。
ピアノには「グランドピアノ」と「アップライトピアノ」の2種類があります。なんと1台につき1万個以上の部品で成り立っているんだって!

楽器は震えることで音がでます。そこで新居さんから
「みんなの身体にも楽器があるんだけど、わかるかな?」という問題が。
子どもたちから次々といろんな答えが返ってきました。
みんなで喉に手を当てて「あー」と声を出すと、喉が震えてる!
つまり、身体の中の楽器の正体は、喉!
喉が震えて声という「音」が出るんだね♪

そして、ポーランドの作曲家であるショパンの「幻想即興曲」を演奏してくださいました。
e0189014_14124549.jpg

美しい音色に子どもたちも静かに聴きいっていました。
みんなの集中力、本当に素晴らしい!

最後に、大石さんと新居さん二人での演奏です。
・星に願いを
・ブラームス「ソナタ 2楽章」
・ラヴェル「ソナチネ 3楽章」
以上の3曲を演奏してくださいました。
新居さんから、ブラームスについて「シャイで気難しいけど温かくて子どもが大好きな作曲家」という説明も。
e0189014_14152346.jpg

それぞれ3曲の音色の違い、みんなわかったかな?

演奏前にお二人から「自由にいろんなことを考えながら聴いてみよう」との提案が。
色、気持ち、風景、物語…… 音楽を聴いて、みんなの頭の中にはどんな景色が浮かんだのかな。

次回は1月23日金曜日。
子どもたちから次回を心待ちにする歓声が上がりました!
さぁ、今度はみんなが表現する番♪
どんな内容になるか、とても楽しみです!




スタッフ:k
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-19 17:06 | ワークショップ

e0189014_174157.jpg

本日から吉野町ギターワークショップ ステップアップ☆ザ☆ギター
「ギターコード完全マスター」がスタートしました!
これまでにギターワークショップ入門編「チャレンジ☆ザ☆ギター」に
ご参加くださった方々の中から37名のみなさまにご参加いただきます。
講師は堀井義則先生、全7回でポピュラー、クラシック、ジャンルを問わず
必要不可欠な「コード」から、サウンドを彩るお洒落なコードまで、
わかりやすいテキストと堀井先生の実演によって楽しくマスターしていただきます。
e0189014_1742513.jpg

初日の今日は、コードについての基礎知識
コードとコードの土台の音となるルートの12個の種類について学びました。
コードタイプと響きのイメージを結びつけるため
「メジャー」、「マイナー」、「セブンス」の御三家とも言える
基本のコードタイプから、
「メジャーセブンス」、「マイナーセブンス」
「マイナーセブンス・フラッテッドファイブ」、
「ディミニッシュセブンス」などのコードタイプまで
堀井先生が実演をまじえて説明してくださいました。
実演していただいた音を聞いて、それぞれのコードタイプに
どんなイメージがあるかみなさんで考えてみました。
e0189014_17444233.jpg

開放弦を含んで弾く「オープンコード」、
フォームを変えずにフレットの移動だけで
12のルートコードができる「シフトコード」。
「シフトコード」の中でも
重く、ストレートな音が出てロック系で使われる「パワーコード」。
ジャンル問わずオールマイティーな使い方ができる「ハイポジションコード」。
省略することで必要最低限の押弦で音を出し、ジャズやボサノバなどで使われる
「アブリビエイテッドコード」などシフトコードには種類と特徴があります。


続いて童謡、ジャズ、ポップス、フォークショングなどの音楽ジャンルで
それぞれよく使われているコードタイプを教えていただきました。
最後に堀井先生が「蛍の光」を
「メジャー」、「マイナー」、「セブンス」で弾いたものと
ジャズ調やボサノバ調で弾いていだいた演奏を
聞き比べてみました。
同じ曲を演奏しているのに弾くコードを変えるだけで
別の曲のように弾けることを教えていただきました。
e0189014_1742382.jpg

本日はコードの種類などの基礎知識が盛りだくさんの内容でした。
これからつづくギターワークショップをどうぞお楽しみに!

スタッフS
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-18 17:46 | ギターワークショップ

書道展開催中!


e0189014_1125376.jpg

みなさんは、新しい年を迎えて、書初めはされましたか?
ただ今、吉野町市民プラザの2Fギャラリーでは、
「第59回夢育会書道展」を開催しています。





e0189014_11172494.jpg
夢育会は、昭和37年に、現在の代表でもある内藤さんが仕事仲間と一緒に作った同好会が始まりだそうで、今年で、なんと54年目。会のメンバーもだんだん増えて、毎年1回の書道展には多くの方が出展されるようになり、今回の第59回は、およそ130点もの作品が展示されています。



ギャラリーホワイエには子どもたちの作品。
e0189014_11564638.jpge0189014_11574210.jpge0189014_1158560.jpg
全て違う文字を書いているのは、上手かどうかではなく、子どもたちそれぞれの個性を大事にしているから。
「初めて書道をした子で、「の」の字を書くのに、筆を持って自分が紙の周りを一周した子もいたのよ。子どもって、ほんと、芸術家ね。」と内藤さん。子どもたちに、自由に文字を書く楽しさを伝えていらっしゃいます。
カラフルなパネルは、夢育会のメンバーの手作り。子どもたちの作品を大事にしている気持ちが伝わる素敵な展示です。

そしてギャラリー内では・・・
e0189014_12385545.jpge0189014_1244396.jpg










紙だけでなく、木に文字を彫り込んで彩色した作品や、
屏風に花を添えることで独自の世界感をつくっている作品、
紙も白だけではなく、作品に応じてピンクや緑にしたり、
黒一色の墨ではなく、濃淡を使って表現されていたり。
自由な発想で、様々な表現方法の作品があり、楽しく見ることができますよ。
是非お越しください!

次回は記念の第60回目の展覧会。
こちらも吉野町市民プラザのギャラリーで来年の1月に開催予定です。

e0189014_12452218.jpg

「第59回夢育会書道展」
1月19日(月)まで開催中
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
入場無料


スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-17 12:06 | ギャラリー

今朝の富士山☆☆☆


おはようございます。
一気に正月気分も過ぎて早くも9日!
暮れに体調崩された方が多いようですが、皆様はいかがですか?

今朝は澄み切った空気が気持ちよく、プラザ5階からの富士山も
こんなに綺麗な姿を見せてくれています☆
e0189014_9435118.jpg


2015年 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご来館、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。
e0189014_9451980.jpg



Staff : Amigo '15.01.09.
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-09 09:46 | プラザの周辺