吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧



昨日は六つ川台小学校のジャズワークショップ3日目、最終日でした001.gif
これまで2日間をかけて学んできた「ジャズ」を、全校生の前で発表します。
講師を務めてくださっているピアニストのユキ・アリマサさん、
アシスタントでトロンボーン奏者の前田真梨子さんと、
今回はアリマサさんのお弟子さんから上浪瑳耶香さんが加わってスタートしました。

(前回までの様子はこちら→ 1日目 2日目 )

まずは体育館でリハーサル開始072.gif
「どんなことを学んだかを発表する場です。
合唱コンクールみたいなかしこまったことはしません。」
「この2日間で学んだアドリブを披露してもらいます。」
というお話がアリマサさんからありました。
e0189014_14503234.jpg


その後、各クラスごとにリハーサルを行いました。
最後にアリマサさんからは、
「誰かの演奏を絶対にじゃましないこと!
みんなの音楽をよく聴いてください。」
とお話があり、子どもたちも真剣な表情できいていました。
e0189014_1521159.jpg


いよいよ、全校生が体育館に集まり発表の時間です。
まずはトロンボーンの楽器説明。
トロンボーンはU字の管をスライドさせて音の高低をつけます。
「ポジション」を変えて音を変化させますが、
目印はないので身体の感覚で覚えるのだそうです。
e0189014_15303494.jpg


間に演奏を挟みながら、この2日間で4年生が
何を学んできたのか説明してくださいました。
e0189014_15451345.jpg

e0189014_15452917.jpg

e0189014_15453953.jpg


これから発表する2クラスは違う種類のアドリブ演奏を行います。
1組はみんなが交互に演奏するアドリブ。
2組は演奏する人がどんどん加わっていくタイプのアドリブ。
それではいよいよ披露です!
まずは2組から。
なんと2組は担任の清水先生自らフルートを演奏されるとのことで、
演奏に加わってくださいました058.gif
e0189014_15472890.jpg

(写真は2日目のものです)

続いては1組の演奏です。
ひとりひとりのアドリブもきっちり演奏できました060.gif
e0189014_15503425.jpg


1組も2組も、みんな身体全体でジャズを楽しんで演奏しました。
聴いてくれた全校生のみんなも手拍子のリズム隊で参加しました。

最後に、副校長の哘先生からは
「ジャズをとっても身近に感じることができました。
これまで音楽は譜面通りに演奏するものだと思っていましたが、
それらにとらわれない自由な音楽もあるのですね。」
という感想をいただきました。

この経験を通して、音楽が大好きになるきっかけになりますように。
そして哘先生の仰ったように、ジャズという自由な
型にとらわれない音楽もあるのだということが知ってもらえると嬉しいです。
3日間を通してジャズの楽しさを伝えてくださった講師のユキ・アリマサさん、
そしてアシスタントの前田真梨子さん、上浪瑳耶香さん。
それから、横浜市立六つ川台小学校の先生方と4年生の皆さん。
3日間本当にありがとうございました056.gif

スタッフK
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-28 16:11 | ワークショップ

本日、大岡川アートプロジェクト「光のぷろむなぁど2013」のイベント写真を募集した
第3回 光のフォトコンテストの作品審査が行われました。

今回は、過去2回の応募数を超える約170点の応募の中から
審査委員長の南信一郎先生や大岡川アートプロジェクト実行委員長杉山さんたちによって
入賞作品15点が選ばれました。
e0189014_21415828.jpg

e0189014_2142635.jpg


第3回 光のフォトコンテスト写真展が
2014年2月25日(火)~3月2日(日)
吉野町市民プラザ2Fギャラリーにて開催されます。


スタッフ:T
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-26 21:54 | 大岡川アートプロジェクト

昨日は、横浜市立六つ川台小学校4年1組と2組のジャズワークショップ2日目056.gif
オープンスクールデーだったので、親御さんやご近所の方も授業を見学され、1日目とは違った緊張感の中、授業がスタートしました。
1日目の授業では「ジャズ」のルーツや、今学校で習っている音楽との違いなどを学びました。
(その様子は こちら )

2日目はもう少しすすんで、ジャズを体感してみる内容になりました。
テーマは、ジャズに欠かせない「アドリブ」。
まずは講師のお二人、ピアニストのユキ・アリマサさんとアシスタントでトロンボーン奏者の前田真梨子さんが演奏。
ジャズでは1曲が、長い時には1時間近く演奏が続いたりするそうです。
すごい005.gif

この日は、アリマサさんがマリンバを弾いたり…
e0189014_164607.jpg

e0189014_16482982.jpg

前田さんがピアノを弾いたり…
e0189014_17522954.jpg

お二人で一緒にマリンバを演奏したり!
e0189014_1648763.jpg

いろいろな組み合わせでアドリブ演奏をしてくださいました。

お二人とも専門ではない楽器を使ってアドリブ演奏出来るのはすごいですよね。
ジャズには四分音符で動く、歩くようなベース=「ウォーキングベース」と呼ばれるベースがあります。
アドリブ演奏をする時は、その「ウォーキングベースを聴くこと」が大切なのだそうです。
ではさっそくチャレンジ060.gif
e0189014_17321184.jpg


そこでもうひとつアリマサさんから課題が出ます。
アドリブで、会話するようなやりとり、掛け合いをするというものです。
でも、ただまねをするだけでは会話も面白くないので、違うリズムや音で返すこと。

子どもたちも最初は緊張気味で恐るおそる。なかなか音を出せません。
でもだんだんコツをつかんでくると、笑顔も出てきて楽しそう060.gif
最後はみんなで!
リズムをたたくパートの演奏にアドリブをするパートがのっかり、だんだんとジャズのビッグバンドのような演奏になってきました003.gif

次はとうとう最終回。
全校生の前でジャズ演奏を披露します。
1組と2組、それぞれどんな演奏になるのか。
楽譜はありません!その場限りの演奏会、今からとってもわくわくしています001.gif

スタッフK
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-26 17:55 | ワークショップ

e0189014_16264960.jpg

本日はギターワークショップ ステップアップ☆ザ☆ギター
「クラシックギター・レッスンノート ステップアップへのポイント&ドリル」の
第2回目でした。

まずは前回の復習、ギターの構えからスタートしました。
リラックスしてイスに浅めに腰掛け、かかとやつま先が浮かないように
気をつけて足台をセット、ギターの角度をチェックして
良いフォームでギターを構えます。
e0189014_16271398.jpg

右手弾弦の基本を分かりやすく堀井先生がコインを使った実験で
紹介してくださいました。
写真に写っているとおりギターの上にコインを置き、
正しい弾弦の「押し込み」で弾くと、
大きく反響したギターの振動がコインにも伝わります。
良くない「めくり上げ」などの弾き方の場合は
コインにはあまり振動が伝わりません。
ギターをお持ちのみなさんは是非やってみてください。
e0189014_16293675.jpg

ギター演奏では爪を使って演奏することから、爪の形を整え、
弾きやす状態にしておく作業が大切になります。
そこでまず自分の爪を良く知ることからスタートしました。
爪の硬さや厚み、形状など、自分では見慣れている指でも
よく見ると微妙に違いました。
e0189014_16275687.jpg

自分の爪を知ったうえで爪が引っかからない、爪をすべらせて演奏できる
自分にあった爪の形状を探します。
爪を整える際は紙やすりを使い、荒削り用と仕上げ用の2種類を使って
お手入れをすると良いそうです。
ちなみに講師の堀井先生は枕元にもやすりを置いて
日頃からお手入れされているそうです。

左手押弦の基本としてポイントを教えていただきました。
最低限の力で押弦することが重要でここでも「脱力」がポイントとなります。
また右手と左手は連動するので右手に力が入っている場合は左手も注意が必要です。
また押弦では押さえるときだけでなく、指を離す際も勢いよく離さないで音を止めてから離しましょう。
e0189014_1629581.jpg

左手の基本フォームのポイントは脱力した腕を肘の位置を変えずに
腕を上げて最初はパー!から適当なフレットに指を揃えて置くと
基本フォームが出来上がります。

今日までの講座では力をいれない「脱力」が大きなポイントとなります。
これからも堀井先生の分かりやすい例えなどが満載の楽しい講義が
続いていきます。これからお楽しみです。

スタッフS
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-26 16:42 | ギターワークショップ

只今吉野町市民プラザのギャラリー&ギャラリーホワイエでは、
e0189014_15561583.jpg

横浜市立高等学校 美術・書道作品展
が開催されております。
横浜市の高校が合同で行っているので、作品の点数が多い005.gif
e0189014_1605162.jpg

ギャラリーホワイエもギッシリ作品を飾ってくださっているので、見応えがあります♪
e0189014_1602377.jpg
e0189014_1614152.jpg

27日まで開催しておりますので、高校生たちの力作をぜひご覧になってください☆

横浜市立高等学校 美術・書道作品展
2/23(水)~27(月) 9:30~17:00(最終日は16:00まで)


スタッフY
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-25 16:06 | その他

先日、横浜市立六つ川台小学校へワークショップに行ってきました。
雲一つない晴天の日、絶好のワークショップ日和です058.gif
e0189014_17272292.jpg


これから3日間、六つ川台小学校の4年1組と2組のみんなに
ジャズの楽しさを伝えてくださる講師は
ピアニストのユキ・アリマサさん、アシスタントはトロンボーン奏者の前田真梨子さんです。
e0189014_17273184.jpg


まずは講師の方々と「ジャズ」の紹介を兼ねて
お二人で演奏してくださいました。
e0189014_17274553.jpg

e0189014_17275720.jpg

楽譜を一切みることなく、演奏が始まります。

ジャズらしくお互いのフィーリングとアイコンタクトで演奏が進み、フィニッシュ060.gif
e0189014_17282227.jpg

子どもたちは初めて聴くジャズの演奏に興味津々です。

次はジャズのルーツについてお勉強です。
「ジャズはどの国で生まれたか知っていますか?」
という問いかけに、子どもたちから
「フランス、イタリア、ドイツ…」という答えが返ってきます。
んー、なかなかあの大国の名前が出てきません。
なぜヨーロッパの国の名前があがるのか尋ねると
「音楽のイメージがあるから」という答え。
なるほど005.gif
確かに、小学校の4年生ぐらいに音楽の授業で習っているのは
いわゆる肖像画が目に浮かぶ「バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト…」
のあたりなのかもしれません。
ドイツを中心として栄えてきた、今で言う「クラシック音楽、古典」のルーツですね。

e0189014_17285867.jpg

答えは「アメリカ」。アメリカのニューオリンズというところで生まれた音楽です。
そこで、ジャズが生まれたころの音楽として「聖者の行進」を演奏。
これはみんな聴いたことがあったみたいですね037.gif

その後は、ジャズのリズムについて。
「音の長さ」や「弾んだ感じ」などいろんな答えが出てきました。
これを説明するのはとっても難しい008.gif
「リズムにのる」ってどういうことでしょうか?
まずはやってみよう!
タンバリンやマラカスなどの楽器を使ってジャズのリズム表現に挑戦です。
最初はなかなかうまくいかなかったのですが、
何度も繰り返しやっていくうちに、
みんなの緊張もほぐれてきて笑顔も出てきました。
e0189014_17292044.jpg


次回はみんなでジャズの演奏に挑戦です!
これから3日間、子どもたちと一緒にジャズについて学んでいきます。
最終日にはどのような演奏が出来るのか、
今からとっても楽しみです003.gif

スタッフK
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-24 17:29 | ワークショップ

昨日、横浜市立永谷小学校に
サックス奏者の大石将紀さんとピアニストの新居由佳梨さんをお迎えし、
4年生を対象とした全3日間のワークショップ初日に行って来ました。
e0189014_10382224.jpg

初日のワークショップでは身近にプロの演奏する本物の音に触れてもらうために
サックスとピアノによるクラシックやサンバの音楽を演奏していただきました。
子ども達は初めて生で聴くサックスの音を体感できてとても楽しそうでした。
e0189014_10384457.jpg

また楽器紹介では大石さんがベルギーの楽器造形家のアドルフ・サックスによって発明されたサックスについて、ピカピカの金色をしているのにリードの部分が葦(あし)で作られているため、金管楽器ではなく木管楽器であることや、約600個の部品から作られていることなど、子ども達にとても分かりやすく解説していただきました。
新居さんにはピアノの音のでる仕組みについて、子ども達に体験してもらいながら楽しく説明していただきました。
e0189014_1039564.jpg

このように音楽を感じながら学べるワークショップを行っていきます。
次回もお楽しみに!

スタッフS
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-24 11:37 | ワークショップ

e0189014_17334052.jpg

本日から吉野町ギターワークショップ ステップアップ☆ザ☆ギター
「クラシックギター・レッスンノート ステップアップへのポイント&ドリル」が
始まりました!
これまでにギターワークショップ入門編「チャレンジ☆ザ☆ギター」に
ご参加くださった方々を中心に35名のみなさまにご参加いただきます。
講師は堀井義則先生、全7回でクラシックギター上達に必須の20項目以上のコツと練習方法を分かりやすく解説する内容となっています。

初日の今日は、ギター演奏の基本を学びました。
ギターの構え方について、力みなく演奏できるフォームを確認しました。
イスに座る前に正面を決めて、浅めに座り、自分にあった足台をつまさきが浮き上がらないような位置に置いてギターを持ちます。
そして正面、上、横の3方面からギターのバランスのとれた角度を意識してフォームをとります。
今回のワークショップではグループに分かれて交代しながら皆さんでフォームの確認をしました。
グループ内ではこうした方がいいフォームになるのではと意見交換されていました。
e0189014_17345447.jpg


右手弾弦の基本では
表面板と垂直方向の角度、弦に対する角度をチェックし、
スイートスポットと呼ばれる雑音がでづらい「爪、指頭、弦」の理想的な接し方を教えていただきました。
堀井先生が自作され、参加者全員に配られた素晴らしい練習用の道具
「フィンガーボード」を使い体験しながらの講習に参加者のみなさん楽しまれていました。
e0189014_17404164.jpg

右手のフォームは肩の力を抜き、肘、腕、手首、指先が自由に動かせるように
軽くギターに乗せている状態にします。
手首から先のフォームはいろいろなポジションの元となる
基本フォームを教えていただきました。
そして調子が悪くなったときにチェックするといいポイントとして
右手首の「左右、上下、回転」の3つの角度と指の握りを調整すると良いそうです。
e0189014_17354578.jpg

本日は初回ということでギターの基礎知識が盛りだくさんの内容でした。
これからつづくのギターワークショップをお楽しみに!

スタッフS
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-19 17:52 | ギターワークショップ

日本画の魅力を知ろう!


皆様、遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
今年も吉野町市民プラザをよろしくお願いいたします001.gif
12月から始まった空調設備工事も無事終了し、
1月11日から通常通りご利用いただいております。

さて、新年ということでございますが、
皆様は今年から何か新しく初めてみようかなという思いはございませんか?
「少し興味はあるけれど、独学でやるにはハードル高いかも…」
「スクールに通ってまでガッツリやるのも気が引ける…」
そんな方にピッタリなワークショップを開催いたします016.gif

「吉野町アート寺子屋 日本画の魅力を知ろう!」
全3回で日本画の初歩を体験できます☆
この機会にぜひ日本画の魅力を味わってみてください001.gif
詳しい内容はコチラから。
受付近くには講師の描いた絵や
e0189014_1424725.jpg

使う道具の一部等を展示しております。
e0189014_14241774.jpg

階段ギャラリーにも絵を飾っています。
e0189014_14242660.jpg

丁寧に教えていただけますので、
この機会にぜひ日本画に挑戦してみてください。
お申し込みお待ちしております003.gif

スタッフY
[PR]
by yoshino-plaza | 2014-01-13 14:32 | ワークショップ