吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



第2回光のフォトコンテスト写真展が本日より開催しました。

e0189014_1656970.jpg
e0189014_16562573.jpg

e0189014_1657185.jpg


入賞作品15点と応募された方の作品を展示してあります。

また、フォトコンテスト審査委員長の南信一郎氏(横浜市写真師会顧問)の作品も展示してあります。

2月27日(木)-3月3日(日)10:00~17:00(最終日16:00)
第2回光のフォトコンテスト写真展

皆さま、どうぞご覧ください。


スタッフ:T
[PR]
by yoshino-plaza | 2013-02-27 17:04 | イベント

2月27日(木)-3月3日(日)10:00~17:00(最終日16:00)
第2回光のフォトコンテスト 
写真展

を開催いたします001.gif
e0189014_189630.jpg

12月に行われた大岡川アートプロジェクト「光のぷろむなぁど」の様子を収めた写真コンテストの写真展です♪
たくさんのご応募をいただき、その数125点072.gif
みなさん本当にありがとうございました。
光のぷろむなぁどへご来場された方も、そうでない方も楽しんでいただけて
見応え十分な展示会になってますので、
ぜひぜひ吉野町市民プラザ2階ギャラリーへ足をお運びください♪
入場無料です001.gif

最終日の3月3日(日)には
おひなまつり歌の会
12:15~12:45 2階ギャラリーホワイエにて 入場無料
がありますので、こちらもぜひ♪
少し早めに春をお届けします016.gif
e0189014_18264132.jpg


皆様のご来場心よりお待ちしております003.gif

スタッフY
[PR]
by yoshino-plaza | 2013-02-26 18:35 | イベント

ギターワークショップ ステップアップ☆ザ☆ギター 理論編
演奏に役立つリズム感アップ法、今日で半分が終わりました。
といっても、全4回なので、2回目だったということです。

配布物の印刷を終えて、講座実施中の会場に入ると。。。
「3つのリズム苦」
  1.リズムが読めない
  2.感じられない
  3.弾けない
という文字がホワイトボードに008.gif
e0189014_159406.jpg

なんと!
リズムが読めない → 楽譜に書かれているリズムが分からない
感じられない → 一般的にいう「リズム感がない」こと?
弾けない → リズム通りに演奏できないこと
こ、これがリズム三重苦!?
この状態の方がギター演奏した場合、聴いても何の曲を弾いているのか
判別するのは難しいのではないでしょうか?

気をとりなおして、前回の復習です。
前回のブログを書きながら、実は「??」だった部分がありました。
「リズムの基本用語」のについてです。
テキストを写して「拍子の中で関連付けられたパルス」と書きましたが、
実は意味がわかりませんでした。
パルスに一定の規則的なアクセント(音量や音色等)が加わったものが
拍子で、その拍子の中のひとつひとつがです。
わかる方には前回も同じことが書かれているように感じるのでしょうか?
書いている本人にとっては、理解できていることを書くのと、
理解できていない文章を書き写すのでは、全然違います。

前回は単純・付点の音符・休符のお話しもありました。
今日はその音符や休符の長さを図で確認し、それに対応するリズム譜もみました。
リズム譜は音符を太い線、あるいは平行四辺形で書いたもので、音の高さでは
なく、リズムやコードを表します
全音符、全休符については長さが変わることがあります。
すみません、これ「リズム譜については」という前提があったか、聞き逃しました。
どうして長さが変わるのかというと、小節分の長さ、例えば、4分の3拍子なら3拍分、4分の4拍子なら4拍分全部お休み、というように使われることがあります。

◆拍子の種類◆
単純拍子
 2拍子 人の歩行が元
 3拍子 馬の歩みや舞曲から
 4拍子 2拍子を二つ重ねたもの
3拍子の「馬の歩み」で「日本人は騎馬民族ではないから、この3拍子が苦手な傾向があると一説では言われているが・・・」という話題になりました。
フェルナンド・ソル作曲の「ギャロップ」というギターの曲、ギャロップは馬の駆け足のことですが、この曲は2拍子だということで、堀井先生がさわりを弾いてくださいました。
e0189014_20394160.jpg

アシスタントの渡辺史明先生が
「競馬の走り方は、1.右前脚・左後足、2.左前脚、3.右後足 という順番で着く
から3拍子」と教えてくださいました。
競馬でスローモーションで走る馬の姿を見せてくださるシーンがあるそうですので、
機会がありましたら、3拍子かどうか、よく見てみてください!

複合拍子
単純拍子の各拍を3つに分けたもの。
 2拍子→6拍子
 3拍子→9拍子
 4拍子→12拍子
すべての音符を3連符で表した2拍子も6拍子も同じだそうですが、
楽譜を見やすくするために、拍子記号を変えて表します。

混合拍子
単純拍子を組み合わせたもの
 5拍子→3拍子+2拍子 2拍子+3拍子
 7拍子→4拍子+3拍子 4拍子+3拍子
※混合していない混合拍子=純5拍子もあります。
ここで、JAZZの名曲「Take Five」が5拍子なので、
そのリズム、1拍目に合わせて手を叩いてみました。
なるほど~。

拍子の表し方=拍子記号も、しっかり学びました。

何分の何拍子かによって、1小節に入る音の数が違います。
4分の4拍子は4分音符が4つ。2分音符なら2つ。
それをわかりやすく、定員にならないと発車しない乗り物に
例えて図解していただきました。
声部が複数ある場合は、両方の声部が同じ拍子です。

後半はトレーニングです。
前回の復習、手、足で各リズム(40、60、80等)に合わせて
音を出してみます。
続いて、リズムの要、裏拍の練習です。
e0189014_21155283.jpg

動画でないと、よくわかりませんが、パットを打って音を出します。
手が裏、足が表でリズムをとろうとすると、、、
足を裏も表も打ってしまったり、忘れてしまったり、
簡単そうで、なかなか一斉にピシッと音が合いません。
本来の速さより、テンポが速くなってしまうことを「走る」、
少し早めに音を出すことを「前ノリ」というそうです。

最後に堀井先生が、この裏を感じる練習は手足の動きを大袈裟にやってみると、
よりわかりやすくなると、派手に動いてくださったのですが、残念ながら
写真におさめることはできませんでした。

次回は3月10日です。
お楽しみに!!


スタッフO
[PR]
by yoshino-plaza | 2013-02-24 21:16 | ギターワークショップ

4月20日(土)、4月22日(月)吉野町市民プラザでは、
プロが教える!ゴーヤーで夏をカイテキに~緑のカーテン栽培講座~が
開催されます。

緑のカーテンで本当に涼しくなるの?育て方は?などのハテナに答えてくれます。
来場者にはゴーヤー苗のプレゼントも!
今年は緑のカーテンづくりに挑戦して、夏をカイテキにすごしましょう!

e0189014_11195551.jpg


「プロが教える!ゴーヤーで夏をカイテキに~緑のカーテン栽培講座~」


日時 2013年4月20日(土)、4月22日(月)
   13:30~16:30 (開場13:00)
会場 吉野町市民プラザ4階ホール
定員 先着200名 入場無料!(事前申込制)
問合せ・主催 南区役所 区政推進課 企画調整係
電話 045-743-8128
詳細はこちらをご覧ください!

この機会に是非、吉野町市民プラザにお越しください!!

スタッフS
[PR]
by yoshino-plaza | 2013-02-21 11:31 | イベント

2/17(日)、ステップアップ☆ザ☆ギター 理論編
~演奏に役立つリズム感アップ法~ スタートしました!
報告がすっかり遅くなってしまいました。。。。

と、リズム感アップ法のお話しに入る前に、
「楽譜を基礎から見直そう!」の第2回のときに、音の周波数に
ついて書きました。
「人間が聞き取れる最高の周波数は1800Hz」と書いて
しまったのですが、1800Hzは高い声の悲鳴程度の周波数で
人間が聞き取れる最高の周波数は18000Hzが正解でした。
ブログアップされた当初にご覧いただいた方、ごめんなさい。
今は訂正して、「正解」の周波数が書いてあります。
http://yoshinocho.exblog.jp/19690739/


さてさて、お楽しみのリズム編です。
リズムは音楽の三要素(メロディー、ハーモニー、リズム)の一つ。
音楽の中で時間を制御する役割です。

はじめに講師の堀井義則先生から、
「リズム感はトレーニングを重ねて、慣れることで良くなっていきます。
根気良く続ければ、少しずつ上達が実感できるものです」というお話し。
リズム感に自信のない人には、うれしいことだと思います。
つまり!!
この講座の時間内にやったトレーニングは、毎日ちゃんとおうちでも
やりましょう! ということです。

まずはリズムとは?
「リズム」という言葉は音楽以外でも、いろんなシーンで現在使われています。
生活のリズム、天体のリズム、リズムが合っていない、、、、
リズムの語源は古代ギリシャ語の「rhythmos」=調和、形、型、像、姿
という意味からきているそうです。
◆リズムの基本用語◆
パルス 抑揚がない等間隔の刺激の連続
拍子 パルスに一定の規則的なアクセント(音量や音色等)が加わったもの
拍(ビート) 拍子の中で関連付けられたパルス
テンポ(速度) ビートがどんな間隔で進むか=1拍の長さがどれくらいか

メトロノームの目盛りの刻み方に規則があることも教えていだだきました。
2刻み 40~60
3刻み 60~72
4刻み 72~120
6刻み 120~144
8刻み 144~208
ゆっくりなほど刻みが小さいのですが、それは速くなると小さな違いがより
小さくなるので、ほとんど違いがわからなくなるからではないかとのことです。
実際に40と44を聴かせていただきましたが、私には違いがわかりませんでした。
メトロノームはベートーヴェンの時代にできたものなんだそうです。

次は音符と休符の種類です。
単純音符 2全音符 全音符 2分音符 4分音符 8分音符 16分音符・・・
単純休符 2全休符 全休符 2分休符 4分休符 8分休符 16分休符・・・
e0189014_13313029.jpg


この単純音符や単純休符に付点が1つつくと、
もとの長さの1.5倍の長さになります
例えば、付点2分音符=2分音符+4分音符
ちなみに付点休符は現在あまり使われていません。
 
付点が2つになると、複付点音符・複付点休符と呼ばれ、
もとの長さの1.75倍の長さになります。
例えば、複付点2分音符=2分音符+4分音符+8分音符

休憩を挟んで、後半は堀井先生が作ってくださった秘密兵器を使って
リズムのトレーニングです。
リズムを司る脳は小脳だそうで、単純なリズムが刻めないと小脳に梗塞が
ある可能性があります、というお話しからスタート。
リズムがうまくとれなくなったら、小脳梗塞の可能性があるということです。

予備練習は手拍子。
4拍単純に手拍子、4拍のうち4拍目休み、4泊のうち2泊目休み
皆さんでやってみます。
ああ、良かった。誰も小脳梗塞の疑いはなさそうです。

予備練習2の手拍子は
4拍で3拍目と4拍目で数字を1から60まで数えます。
今回は長いので30までしか数えませんでしたが、単純過ぎて油断すると
間違えそうです。

次はいよいよトレーニング本番です。
40、60、80、120のテンポで、音が鳴っているのに合わせて
トレーニングパットを打ちます。
拍子をつけるわけではないので、簡単、と思っていたら、同じ速さで
鳴っている音に合わせて打ち続けるのは意外と難しかったです。
続けてつま先、パット+つま先で同じテンポの練習。
最後につま先を4拍、パットは1拍おきでやってみます。
e0189014_13535151.jpg

どの練習も、遅いほど難しい!!

繰返しトレーニングすれば、やがてちゃんとできるようになるのだな
という感触がありました。

あと3回でどのくらい上達するかは、地道なトレーニング次第?!


スタッフO
[PR]
by yoshino-plaza | 2013-02-20 13:55 | ギターワークショップ

今日はギターワークショップ ステップアップ☆ザ☆ギター
楽譜を基礎から見直そう! 最終回でした。
3回、あっという間です。

今日は復習のあと、先週の派生音の続きから。
先週の様子はこちらをご覧ください!

派生音とは、幹音(ピアノの鍵盤の白鍵の音)を半音1つまたは2つ分高さを
変えた音で、譜面上では変化記号(シャープ、フラット、ナチュラル、
ダブルシャープ、ダブルフラット)をつけて表します。
その変化記号の有効範囲について、学びました。
まず、五線譜上、音部記号の次についている調号については、
その段はずっと変化記号が有効です。
曲の途中で転調する場合は、段の最後にその予告をしてから
次の段で転調します。

譜面上、音符についている臨時の変化記号は、その臨時記号以後、
同じ小節内は変化記号が有効です。
しかし、1オクターブ違う同音には有効ではありません。
つまり、変化記号がついている音符とまったく同じ音にのみ有効です。
同じ小節内で同じ音でも、声部(パート)が違う場合は有効ではありません。
タイがかかっている場合は、次の小節のタイが結ばれているところまで
有効です。
小節が変わったら、臨時記号により変化した音は元の音に戻るのがルール
ですが、それを知らせるためにカッコにくくられて、ナチュラル記号が
付いていることがあります。
それを通称「親切記号」と呼ぶそうです。
e0189014_1715589.jpg


休憩の後は、繰返しや省略の記号です。
リピート記号内でのリピートや括弧のあるもの、ダ・カーポ(D.C.)、
ダル・セーニョ(D.S.)、フィーネ(Fine)、コーダがあると
どういう演奏順になるかなどを、譜例で順番を確認しました。
アクセントマークやスタッカート等がついた音符を同じように続けるしるしは
simile(シミレ)、それを元に戻すのはnat(ナチュラル)。
楽譜にはいろんな指示記号があることがわかりました。

音程は二つの音の間の広さを表します。
スタートする音を「1」として、それから何音目か。
例えば「ド」から「ソ」は5度です。
1オクターブにおさまっている音程を「単音程」、
1オクターブ以上の音程を「複音程」といいます。
3度と6度は協和音、2度と7度は不協和音。
実際に堀井先生がギターで音を聴かせてくださいました。
e0189014_17285724.jpg


調号について、一般的な調の種類と順番をテキストの表で確認しました。
「移調」はある調の曲をまるまる全部別の調に置き換えること
 →「キーを変える」ということです。
「転調」は曲の途中で別の調に変わることです。
その他、ド#とレ♭は同じ音といったような、異名同音についても学びました。

声部(パート)の表し方は、2部の場合は棒の向きを上下に分けて表します。
その時、1小節の音数は2つのパートで等しくなければなりません。

テキストの終わりの方には、音楽表現のための用語がたくさん書かれています。
「速度」、「強弱」、「表情」、「奏法」についての表示の代表的なもの。。。。
とはいえ、とてもたくさんあって、全部覚えるのは大変そうです。
何かの用語が楽譜に出てきたらこのテキストで調べられ、
とても便利ですね003.gif

再来週からは「演奏に役立つリズム感アップ法」です。
リズム感を鍛えるためにどんなことをするのでしょうか??
とても楽しみです。


スタッフO
[PR]
by yoshino-plaza | 2013-02-03 17:52 | ギターワークショップ

こんにちは001.gif
段々と日も長くなり、少し気温もあがってきた2月ですが、
インフルエンザが流行ってるみたいですので、みなさま十分お気をつけてくださいね008.gif

今月のわたしのギャラリーはこちら♪
e0189014_1336164.jpg
e0189014_13362342.jpg
e0189014_13363086.jpg


わたしのギャラリー出品者募集中003.gif
毎月1日より末日までの1ヶ月間。
作品1点につき1000円。
作品サイズは最大30号(91cm×72cm)くらい。重量5キロまで。
絵画、イラスト、版画、写真などの平面作品。
展示のお申し込みは先着順です。
お申し込み方法は出品申込書に必要事項をご記入の上、市民プラザ窓口へご持参またはFAXでお申し込みください。

その他ご質問等がございましたら、吉野町市民プラザ:045-243-9261まで。
気軽に作品を展示されたい方はぜひ♪

スタッフY
[PR]
by yoshino-plaza | 2013-02-01 13:55 | ギャラリー