吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧



先日の3月24日(土)、
吉野町アート寺子屋 ~春~
ダンボールで生き物ハットをつくろう!
 が開催されました!

e0189014_182833.jpg

毎年夏に開催されていたアート寺子屋、春の開催。

今回のワークショップでは、どこにでもあるダンボールという素材から、
たくさんの動物たちを生み出す造形作家・玉田多紀さんが講師をして下さいます。


ではでは、、
本日吉野blogを訪れたそこのあなたも、
ちょこーっとだけ、このワークショップをのぞいてみましょー。

e0189014_18274963.jpg

あいさつも終わって いざ開催!
作品たちの前で秘伝の技法を伝授する玉田さん。
ふむふむアレコレしてソレドレするのか~なるほど~。

e0189014_18392788.jpg

Oh...ボーイ・ミーツ・タマダワールド...
今回、参加者最年少3歳のちびっこも夢中になってダンボールと格闘。

e0189014_18461338.jpg

えっ?ナニ?どういう風につくりたいって?
先生のダンボールさばきも熱くなります。

e0189014_21443661.jpg

制作後には玉田さんを司会にファッションショーも開催!

e0189014_21592855.jpg

あっ!

彼はこの時、
すでに師の作品からインスピレーションを得ていたかもしれないですね。。
…おそろしい子!

e0189014_19192791.jpg


おっと、そうこうしているうちに本日のアート寺子屋も無事終了。

さて今回はBlogでワークショップを追体験してもらいましたが、
実際に参加し、手を動かして格闘するのが何よりも一番たのしいものですね。


毎日夢中になれるたのしい何かを求めるちびっこ達、
こういうのがすきでどうしようもないちょっと大きなお友達に、
今後の吉野町アート寺子屋は、第2、第3の手練を送り込むことを企んでます。

もちろん、今回講師を務めてくださった
玉田多紀さんにも別のどこかで会えるかもしれません。

さあ、これから新学期!
次回はどんなワークショップでお会いできるでしょうか?
それではみなさま、またお会いしましょう!
続きは現実で!
[PR]
by yoshino-plaza | 2012-03-25 19:53 | ワークショップ

いよいよ明日!
吉野町アート寺子屋~春~
ダンボールで生き物ハットを作ろう!

開催です!!

造形作家の玉田多紀さんを講師にお迎えし、
ダンボールを使って、個性豊かな帽子を作ります。

というわけで、今日は準備日。
e0189014_15583234.jpg
たくさんのダンボールを用意しております!
このダンボールを使って、どんな帽子ができるでしょうか…072.gif

生き物ハットを作ったあとには、
ギャラリーホワイエにてミニファッションショーも開催予定。
e0189014_1622753.jpg
という訳でキャットウォークも準備万端です!

ファッションショーはどなたでも自由にご覧いただけますので、
是非子どもたちの作品を見にいらしてください!!

======================
吉野町アート寺子屋~春~
ダンボールで生き物ハットを作ろう!

2012年3月24日(土)
①9:30~12:30 ②13:30~16:30
場 所:吉野町市民プラザ2階ギャラリー
対 象:こども(6歳以上)と保護者
参加費:こども(6歳以上)と保護者のペアで 2,000円
======================

ワークショップ当日参加もOKです!
(要参加費/ファッションショーの見学のみは無料)
お問い合わせは、吉野町市民プラザ045-243-9261まで。


スタッフ K
[PR]
by yoshino-plaza | 2012-03-23 16:21 | お知らせ

早いもので3月ももう後半に入ってしましました。
ブログの更新も滞ってしまいすみません。

遅くなりましたが、今月の「わたしのギャラリー」の展示状況です。

e0189014_15354318.jpg
e0189014_1536064.jpg
e0189014_15361423.jpg
e0189014_15364713.jpg


昨年の6月より開始した平面作品1点より気軽に展示可能な「わたしのギャラリー」。
今まで40名の出展者がいました。

今までの展示模様は、
わたしのギャラリー展示記録 vol.1
(pdfファイルが別ウインドウで開きます。)




スタッフ:T
[PR]
by yoshino-plaza | 2012-03-21 15:57 | お知らせ

久しぶりに太陽の暖かさを感じることができましたね。
本日、午前中はギターワークショップ ステップアップ☆ザ☆ギター
理論編 ~ ドレミからはじめる音楽のしくみ ~ 最終回でした。

さてさて今日は。。。。

まず、倍音について。
倍音とは周波数が倍の音。
音の周波数については第2回、倍音については第3回のブログにも、
ほんの少し書きました。

しかし、2回・3回の時点では私はぜーんぜん倍音について、わかって
いませんでした。
周波数(1秒間に繰り返される空気振動(波)の数)が
高い(波の数が多い)と音が高いということ。
そして倍音はある周波数の音の倍の周波数を持つ音のこと。
たとえば、ド=C3の2倍音はC4=ド、3倍音はG4=ソ、4倍音はC5=ド、
5倍音はE5=ミ・・・・・と続いていきます。
倍の周波数だからといって、常にドならドばかりではないのですね!
5倍音まででド・ミ・ソ=三和音ではないですか?!

この倍音が音色を決めているのだそうです。
何倍の音がどの割合で混ざっているかで、音色に違いが出てくるそうです。
同じ高さのドでも、ピアノとギターでは違う音色ですね。
その原因は倍音にあったというわけです。
理屈はよくわかりましたが、実際にギターでドの音を弾いて音を聴いても
ド以外の音なんて、私には聴き分けることはできません。
音が反射することによって倍音は聴こえやすくなるそうです。
石造建築物の多いヨーロッパでは、石に反射して倍音がよく聴こえたため、
和音という音楽の考え方が発達したのだとか。
不思議です。
倍音を聴く体験をしたら、百聞は一見(一聴??)にしかずなのでしょうね。

続いてリズム編。
弱起(じゃっき)=小節の頭から始まらない曲。
 音が小節の前に飛び出している始まり方をする曲を「弱起の曲」と呼びます。
⇔強起(きょうき)=小節の1拍目から始まる曲。

強拍(ダウンビート)、弱拍(アップビート)、アフタービート、4・8・16ビート、
シャッフル、アゴーギク・・・
4ビート=4分の4拍子を4拍で演奏すること
8ビート=4分の4拍子を8拍で演奏すること
16ビート=4分の4拍子を16拍で演奏すること
などなど、言葉や意味の羅列になってしまうので、このへんでやめておきますが、
実際には堀井先生が演奏してくださって、どういうリズム、感じなのかを確認
することができました。
アゴーギクは「演奏の3要素」の一つで速度を速めたり、緩めたりして演奏に
変化をつけて表現すること。
他の2つの要素は「ダイナミクス(音量・強弱)」と「アーティキュレーション(音と
音のつながりをどう演奏するか。スタッカート、スラー、アクセント等)」だそうです。

休憩を挟んでメロディーに使える音、前回習った和声音と非和声音の復習。

そして、まず、メロディの最小単位である「モチーフ」=2小節を作って、
これを発展させたもう2小節を加えて4小節で「小楽節」、
小楽節が2つで8小節で「大楽節」になって、短い曲の出来上がり!!

いよいよ皆さん、作曲です。
堀井先生とアシスタントの先生方が皆さんが作った曲をその場で演奏しつつ
アドバイス。
e0189014_17284933.jpg

e0189014_17311265.jpg


2名の方が作った曲、マイナー調の曲とメジャー調の曲を演奏していただきました。
そして全然曲調が違うこの2曲をつなげて、1曲にしてみたら、
とてもステキな曲になりました072.gif
e0189014_17347100.jpg

皆さん、すごいです!!005.gif003.gif

最後に堀井先生からひと言。
理論は演奏の助けになりますが、音楽は理論だけではありません。
理論がよくわかることと良い演奏というのは比例するものではありません。

今回のワークショップは、きっと、皆さんがもっと音楽を楽しんで、より演奏を
深められるきっかけとなったことと思います。

音楽理論のワークショップ、1月15日から始まって、あっという間の7回でしたが、
なんと参加者の80%の皆さんが全回出席してくださいました。
晴れの日も、風の日も、寒い日も、雨の日も、・・・・
皆さん、来てくださって本当にありがとうございます!!
本ワークショップの実施にご尽力くださいました
堀井先生、アシスタントの先生方、
ありがとうございました!!

今回も楽しかった~041.gif



スタッフO
[PR]
by yoshino-plaza | 2012-03-11 17:52 | ギターワークショップ