吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:ワークショップ( 68 )



5月5日の「かぶと隊いざ出陣!」の準備がちゃくちゃくと進んでます!!
12時30分から16時まで開催しておりますので、気軽にご参加ください。

e0189014_20424025.jpg


ホールでは、午後14時よりわくわくピアノコンサート〜0歳から楽しめるクラシック〜も行われます!!
当日券もありますので、興味のある方は、かぶと隊と併せてお楽しみください!!

ホームページの記事はコチラ!

スタッフA
[PR]
by yoshino-plaza | 2016-05-03 20:44 | ワークショップ

e0189014_954440.jpg
今日は快晴!
箏演奏体験最終日、合同発表の日です。
奥田先生、田辺先生の他、新見雅晃先生にもお越しいただき、1・2時間目は発表会に向けて猛特訓です!
e0189014_955340.jpg

あれ、今日は奥田先生、着物です。
最初の授業で、「日本の音」は、落ち着く音だと教えていただきました。着物も、落ち着くアイテムの一つ。帯をきゅっと締めると腰が落ち着いて、姿勢もよくなります。

●発表まで、ラストスパート!
3時間目の合同発表会に向けて、各クラス1時間ずつ練習です!
あーーー、緊張してきたね。
でも、この3日間の成果を発表すべく、がんばって1時間、練習しようね!
e0189014_9592881.jpg

奥田先生は箏で、田辺先生は三味線で練習に参加です。
e0189014_9594615.jpg


●とうとう、発表!
2クラスの生徒と保護者の方々が視聴覚室に集まりました。
みんなの緊張感が伝わってくるよ。
この3日間の練習の成果を発表しよう!
e0189014_1004384.jpg

他のクラスはどんな演奏するのか、みんな真剣なまなざしでした。
みんなの素敵な演奏、感動的でした!

発表の後は、奥田先生と田辺先生のお二人による箏の演奏をしていただきました。
e0189014_1041249.jpg

超絶技巧に、みんな釘づけ。
そして、落ち着いた美しい音色がみんなの心の中に刻まれました。

e0189014_1082950.jpg

最後に感想を聞くと、「なかなか触れられない伝統文化の箏を体験できて楽しかった!」と、貴重な体験を楽しんでできたみたいでよかったです。たった3日間でしたが、みんながんばって演奏できたね。

「みなさん、とてものみこみが早くてびっくりしました。これから大人になって、海外に行って、日本の伝統的な物って何?って聞かれたときには、
あぁ、小学校の時に箏の演奏体験をしたなぁと思い出してもらえたら」
と奥田先生。


奥田先生、田辺先生、新見先生、そして、南小学校の6年生の生徒さんたち、
3日間ありがとうございました。


スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-12-04 16:13 | ワークショップ

e0189014_6402772.jpg今日は2日目です。
みんな、覚えているかな?
さぁ、明日の発表に向けて、猛特訓だ!

●箏について復習
奥田先生がクイズ形式で質問すると、
みんなすぐに答えが飛び交います。
すごいっ!よく覚えてるね。

●さぁ、曲の練習です
先生の手拍子にあわせて、弾いていきます。
e0189014_64627100.jpg

だんだん弾けるようになってきたね。
前回お休みした子には、教えてあげる姿も。
e0189014_6505642.jpg

しばらく練習したら、一端、箏は弾かずに、改めて歌詞を朗読して歌詞の意味を考え、みんなで唄ってみました。楽器から離れることで客観的に曲全体を感じることができるんですね。
さ、次は、弾いてない人は唄うよ。
「なな~なな~はち~」「ご~ご~なな~はち~きゅう~はち~なな~」


●日本の伝統楽器・三味線
練習を小休止して、もうひとつの代表的な日本の伝統楽器・三味線のことを教えていただきました。
e0189014_6562636.jpg
箏とのちがいは、「ばちでたたく」こと。
「はじく」というよりも、「たたく」。
たたくことで、しびれるような雑音が入ります。これが「さわり」といわれています。
三味線は、この「さわり」が重要なんだそうです。
ここから転じて、「話のさわりを言う」など、重要なこと、要点のことを「さわり」というようになったそうですよ!
知らず知らずのうちに、伝統楽器の用語を使ってたんですね。

●本番の練習
3つのグループにわけて、本番さながらの練習です。
姿勢を正して準備ができたら、リーダーとなる子が、号令をかけます。
「礼!」
そして、右手を最初の絃の位置に、左手は柱(じ)のところに添えて…
「そーれ!」
演奏していない子は、唄います。最初は絃の数字を、二回目は歌詞を。
曲がおわったら、姿勢を正して、
「礼!」
何に対しても姿勢を正して向かう事は大事だというお話もしていただきました。
e0189014_7142914.jpg

本番通りの練習って緊張したね。でも、みんなかっこよかったよ!
演奏も上手になったね。
さあ、明日は本番だ!



スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-12-03 16:05 | ワークショップ

横浜市立南小学校で、奥田雅楽之一さん、田辺雅震翠さんを講師に迎え、箏の体験をしています。3日間で、曲が弾けるように、今日から特訓です!
e0189014_14351430.jpg

体験するのは、小学6年生の2クラス。
日本の音ってどんなイメージかな?
三味線、三線、風鈴、渋い、ゆっくり・・・いろんなイメージがあるね。

日本の音は、落ち着く音が多くて、風鈴やししおどしなどは、風や水などの自然の力によって奏でられます。鳥のさえずりや虫の声、蝉の声などの自然からの音も日本人は雑音とは思わず、落ち着く音だと思っているんです。
そんな日本の伝統楽器「箏」を3回にわたって勉強していきます。


●まずは箏について知ろう!
e0189014_14362359.jpg中国の唐の時代に伝わった楽器で、長さは約180センチ。弦は13本あります。一の絃、二の絃・・・と続き、十の絃の次は、十一番目は斗(と)の絃、十二番目は為(い)の絃、十三番目は巾(きん)の絃と言います。
素材は桐の木でできています。裏側には両端に穴があいていて、ここで共鳴させているんですって!

箏の各部分には「竜」がついている名前が多く、向かって右側を「竜頭」、左側を「竜尾」。絃を留めているところは「竜角」。
古来から大切な生き物として崇められてきた「竜」をイメージした楽器なので、箏も大切に使ってくださいね。



●さぁ、練習開始!
奥田先生にお手本の演奏をしていただきました。
絃の響きが教室中を心地よく巡っていき、みんな聴き入っていました。
e0189014_1437314.jpg

1組は「さくらさくら」
2組は「荒城の月」
です。最終日にはみんなの前で発表できるように仕上げます!

e0189014_14375931.jpg

まずは、爪をつけます。
本来は、親指、人差し指、中指の3本に爪をつけるのですが、
今回練習する曲は親指1本だけで演奏できるので親指用の爪を選びます。

では、実践です!
楽器を弾くには姿勢が大事です。
箏の右側、竜角の方に正座して、柱(じ)が並んでいる方を向きます。
両手でおにぎり型の三角をつくって、その形のまま、右手を絃に当てます。
そして、背筋をのばして---
あっ、鳴った!
e0189014_1438253.jpg


これが楽譜。
絃の数字が書いてあります。この順番通りに絃を弾くと、曲になるんですよ。
e0189014_14384667.jpg


3人1組になって、交代しながら練習していきました。
他の子がやっている時は、絵を見ながら指を動かす子も。
e0189014_14385756.jpg

譜面の数字を歌ってご指導していただく先生の真似をして、
子どもたちも「さ~く~ら~」ではなく、「なな~なな~はち~」と歌いながら練習するようになりました。
適応するのが早くてびっくり!
e0189014_1439941.jpg

奥田先生、田辺先生は、一人ひとりの子どもたちの演奏をご覧になり、丁寧に教えていただきました。
おかげで、みんな、短時間でとっても上手に弾けるようになりました!
今日はじめて触ったのに、すごいね!

授業が終わったら、
「なな~なな~はち~」と歌いながら次の授業に向かっていきました。
次のワークショップの日まで、忘れずにね!

スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-12-01 15:33 | ワークショップ

こんにちは。
今日は良いお天気でした。

先週の木曜日に引き続き、蒔田小学校に行ってきました。
佐竹宏樹さん(版画家 東京造形大学特任教授)のプログラム
第2日目です。
e0189014_1952796.jpg


前回作った、葉っぱによるステンシル。
前回の様子はこちらをご覧ください。
明るい色で、とてもステキです。
e0189014_195391.jpg


この前回みんなで協力して作った作品を、凧の絵柄に使います。
e0189014_1961611.jpg


今日は木版画に挑戦します。
e0189014_1911126.jpg

道具はすべて、本格的なプロ仕様005.gif
ますますみんなの気合いが入ります!

木版画といっても木を彫るものではなく、紋切りを使います。
e0189014_19142727.jpg

e0189014_19174089.jpg


紋切りの木版画を前回の「森」に重ねます。
e0189014_19201132.jpg


次回はいよいよ最終回。
今日までの作品を凧にします。
お楽しみに!

スタッフO
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-11-30 19:23 | ワークショップ

こんにちは。
ようやく木々の葉が色付いてきました。
本日11月26日(木)は蒔田小学校6年生2クラスに
版画家の佐竹宏樹さんによるプログラムでした。

朝は雨、プログラム開始直前に雨が上がって、
きれいな虹が出ていました。
e0189014_16553038.jpg


まずはどんなものを作るのか、説明します。
版画で凧を作るのですが、どんなことをするのか。。。
楽しみです001.gif
e0189014_17233366.jpg


ちょっと寒い朝でしたが外に出て、葉っぱを拾ってきました。
e0189014_17164888.jpg


この葉っぱを使って、畳1帖くらいの和紙に森のイメージを描いていきます。
まず、葉っぱを和紙の上に仮どめします。
e0189014_1717522.jpg


そして、秘密兵器(?)色を吹き付けます。
e0189014_17182231.jpg


必死に吹き付けていると、過呼吸のようになってしまうので
注意が必要です!
e0189014_17221166.jpg


葉っぱを取り去ってみると、こんな感じ。
e0189014_17224385.jpg


みんなで協力して、きれいな森ができました。

2日目が楽しみです056.gif


スタッフO
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-11-26 18:33 | ワークショップ

「吉野町フリー寺子屋 砂絵で描く クリスマスオーナメントを作ろう!」開催中。
e0189014_10591821.jpg


下絵を考えてるの。クリスマスのかざりって・・・どんなのにしようかな?
あー、見ちゃだめだよ。できてからのお楽しみ。手でかくしちゃうもーん。
e0189014_117519.jpg

砂をパラパラまぶします。どうなるかな?
e0189014_11115997.jpg

こんなのできたよー
e0189014_11125954.jpg

モンドリアンみたいでかっこいいね!
e0189014_11202778.jpg

お父さんも真剣です。
e0189014_11144222.jpg


午前は10:00~12:00、午後は14:00~16:00の時間帯、ご都合の良いときにふらりとお立ち寄りください。参加無料、申込み不要。2階のギャラリーホワイエで開催中です。
お子さんだけでなく、大人も充分楽しめますよ。
お待ちしていまーす。

スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-11-23 11:23 | ワークショップ

11月23日(月・祝)に、
吉野町フリー寺子屋 造形ワークショップ 
「砂絵で描く クリスマス・オーナメントをつくろう!」を開催します。
e0189014_1115044.jpg

色のついたカラフルな砂で絵を描いて、クリスマスオーナメントをつくります。
①台紙に木工用ボンドを薄めた液を筆でぬります。
②その上に、色のついた砂をパラパラパラっとふりかけて・・・
③あら不思議、砂が台紙にひっついて、模様ができます~
e0189014_215383.jpg

ぼこぼこした砂の手触り、味わいがあって、とってもかわいいです。

ツリーにかざってもいいし、ドアや壁かざりにしたり。
さぁ、どこにかざろうかな?
クリスマスツリーを用意してお待ちしていまーす。
参加無料・申込不要です。開催時間内にお気軽にお立ち寄りください。
お子さんだけでなく、大人の参加も大歓迎です!
(材料がなくなり次第終了します)

e0189014_2243737.jpg吉野町フリー寺子屋 造形ワークショップ
「砂絵で描く クリスマス・オーナメントをつくろう!」

日時:2015年11月23日(月・祝)
1回目10:00~12:00
2回目14:00~16:00
場所:吉野町市民プラザ2階 ギャラリーホワイエ
参加無料・申込不要


スタッフH
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-11-21 21:43 | ワークショップ

本日も相武山小学校で東野祥子さんと佐々木健二郎さんの
コンテンポラリーダンスのワークショップに行って来ました!
雨が続いていますが、冷房のない体育館でのダンスには、
ちょうど良い涼しさでした003.gif

まずはストレッチから。
e0189014_15501258.jpg

こんな難しいバランスポーズですが、子どもたちは昨日より
上手にできるようになっていました。
もしかして、おうちで練習したのかな?

体がほぐれたところで、昨日覚えたお祭をモチーフにしたダンスの
おさらいと、新しいパーツの練習です。
6人が千手観音のように手を広げて作る「花火」の次に、打上げ花火の
ように順番にジャンプする振付に挑戦。
最初はバラバラでも、数回練習しただけで、できるようになりました!

振付ダンスの次は、イメージを動きで表現してみました。
ボールや三角形、定規、風などをイメージしながら自由にのびのびと
を動かします。

e0189014_1652189.jpg

2人組で相手の体を動かしてポーズをつくったり、つくったポーズに
さらに自分も加えてポーズを発展させたり、相手を移動させたり、
相手に触れずにアイコンタクトと手のひらで動かしたり、、、、、
みんな、いろいろな方法で自分ではない体を動かすことで、表現する
ことを思いっきり楽しんでいました。

プログラムの終了後は、お教室で給食をいただきました。
e0189014_167289.jpg

お昼休みの放送で、「翼をください」が流れてきたら、クラスのみんなが
声をそろえて合唱を始めました060.gif

相武山小学校の子どもたち、ダンスも給食も歌も、明るく元気いっぱいです072.gif

明日はいよいよ最終日、どんなダンスができるか楽しみです。


スタッフO
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-09-08 16:19 | ワークショップ

今日は港南区上永谷の坂の上にある、相武山小学校へダンスワークショップに行って来ました!
 
朝から大粒の雨でしたが、ダンスワークショップが始まる頃にはやさしい曇り空に。
時折涼しい風が体育館を吹き抜ける中、相武山小学校の3年生の子どもたちは、元気にワークショップに参加しました。

e0189014_1854868.jpg

e0189014_1864196.jpg


講師は東野祥子さん、アシスタントは佐々木健二郎さんです。
 
最初に、東野さんと佐々木さんによるコンテンポラリーダンスを観賞しました。
e0189014_1742940.jpg

緞帳が少しだけ上がると、東野さんの足だけが踊っているのが見えます。
「え?足だけのダンス?」とみんな興味津々。
e0189014_124958100.jpg

やがて東野さんの姿が!
くるくると様々に変化する、しなやかな美しい身体の動きに思わず見とれてしまいます。

e0189014_187105.jpg

そうかと思えば、突然佐々木さんが人形のように固まってしまい、東野さんが、佐々木さんの手や足を引っ張ったり、持ったりして動かすというコミカルな場面では、子どもたちの明るい笑い声が聞こえました。

e0189014_1245162.jpg

e0189014_1875917.jpg

続くストレッチでは、一人で行うものと二人一組で行うものがありました。
東野さんと佐々木さんがお互いの足の裏をぴったり付けて、まっすぐに足を伸ばしている姿を見た子どもたち。
「すごいなあ!」「こんなこと自分たちにもできるのかな?!」と言わんばかりに驚いた声を出していましたが、それでも果敢に挑戦していました。上手にできてもそうでなくても楽しそう。

ストレッチを終え、いよいよコンテンポラリーダンスに入ります。
「お祭り」に関係する言葉、「金魚」、「わたあめ」、「射的」、「花火」をイメージした動きを取り入れたダンスを習いました。
「金魚」は頭の上で手を合わせ、上下左右に腕をくねらせて金魚の泳ぐ姿を表現しています。
子どもたちは金魚になりきって、クネクネゆらゆら、思い思いに動いていました。

e0189014_1159699.jpg

「わたあめ」は両腕を広げて鳥の翼のように丸い形を作り、上下させて、ふわふわの”わたあめ”が膨らむ様子を表し、「射的」は手でピストルの形を作って、まっすぐに腕を伸ばし、右へ左へ狙いを定めます。
同じダンスでも、例えば”わたあめ”の大きさや大きくなる速さなどが違うなど、みんなそれぞれの形ができていて楽しかったです。

e0189014_11594555.jpg

「花火」は6人組みで縦に並び、1番目の人は5時と7時の方向に手を開いて腕を伸ばし、2番目の人は4時と8時の方向に伸ばし…というように、後ろになるにつれて腕の角度が上がっていき、前から見ると、6人の腕と手のひらで丸い花火が出来上がります。
みんな一斉に手をひらひらさせると、まるで花火が打ち上がったみたいです。
子どもたちは東野さんが創り出す様々なダンスを、楽しそうに目を輝かせて踊りました。
動きはまだぎこちないですが、少しずつ上手くなっています。
それぞれのクラスの担任の先生、スタッフも子どもたちと一緒にダンスを踊りました。
やはり見るのと踊るのでは印象が違います。面白い!楽しい!踊り終わったときには汗だくになりました。
東野さんと佐々木さんは3クラス分、3時限通しで踊っているのですから、本当にタフ!!

数回の練習の後、思わず身体が動いてしまいそうなノリノリのリズムの音楽に合わせ、踊ってみることにも挑戦!
東野さんから、「みんな上手だね!覚えるのが早い。リズム感があるね」とお褒めの言葉をいただきました。
子どもたちも嬉しそうでした。

e0189014_1882916.jpg

今日の給食はみんなが大好きなカレーでした。一生懸命踊った後のカレーは格別な味ですよね。
 
東野さんが最後に、「明日はもっと色んな踊りが踊れるようになるよ!」とおっしゃっていました。
ワークショップは今日から3日間。明日はどんな踊りが踊れるのか、わくわくしますね。
 
スタッフ M
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-09-07 16:57 | ワークショップ