吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

チャレンジ☆ザ☆ギター 10日目(GWS2016)


8/28
今日はギターワークショップ最終日!
いよいよ修了コンサートは来週に行われます!!


6月から始まったギターワークショップ。
最初は、ギターの構え方や指の使い方から教えて頂きましたが、
今では裏拍の取り方や澄んだ音の出し方など、高度な指導をして頂けるようになりました。

3ヶ月におよぶ全10回のワークショップでしたが
長かったような、あっという間だったような気がします。

e0189014_14323786.jpg


今回は、本番に向けて、改めて左手の使い方の確認を行いました。
4本の指を使ったときに、人差し指と小指が伸びないように、しっかりと曲げる意識を持つと良いそうです。

右手は、無理をして弦に対して直角に構えるのではなく、手首の角度が自然になるように構えます。
その際、弦に対して、指を深くかけない。
音量に強弱をつけるときは、指をかける深さをかえるのではなく、弦への力のかけ方を変える。

左手も右手も、演奏するときは指先を使い「澄んだ音」が出るように心がけると良いみたいです。
「澄んだ音」を出すコツとしては、音がビリビリッとなる一歩手前まで力を抜いて、演奏するのが良いそうです。

e0189014_14333879.jpg


準備運動を終えて、コンサートで発表する曲の練習!

本番を見据えて「曲の始め方」と「曲の終わり方」を意識しながら練習しました。

ゆっくりの曲のほうが、落ち着いて演奏できますが、始まりや終わりを揃えるのが難しく、
早いテンポの曲は、合わせやすいですが、慌ててしまいがちです。
発表曲は5曲あるので、発表する順番と曲の雰囲気にあわせて、それぞれの早さで練習しました。


さらに今回は、修了コンサートが終わった後に必要な練習を教わりました。

今まで、いろいろな「弦の押さえ方のコツ」を教わってきましたが、
意外にも「弦の離し方」が重要だそうです。

弦を抑えるときに使っている指を曲げる筋肉(屈筋)は日常生活でも鍛えられている筋肉です。
しかしギターの上達には、指を伸ばす筋肉(伸筋)を鍛える必要があるそうです。

4本の指で弦を押さえた状態から、音を鳴らしながら指を離していく練習をしましたが、ギターに慣れてきたみなさんでも苦戦されていたようです。
新しい指の使い方を覚えるには、苦労しそうです。

堀井先生から
「三ヶ月でギターワークショップは終わりですが、みなさんのギター人生は終わらないので……」という話が出たときに、少しさびしい気持ちになってしまいました。


来週9/4(日)は、修了コンサートです!!
詳しくはコチラをご覧ください!!


スタッフA
[PR]
by yoshino-plaza | 2016-08-31 15:30 | ギターワークショップ