吉野町市民プラザ スタッフブログ yoshinocho.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

横浜市吉野町市民プラザのスタッフブログです。日々の活動の様子をお伝えしていきます。


by yoshino-plaza
プロフィールを見る
画像一覧

永谷小学校♪サックスとピアノによるワークショップ♪初日


1月19日月曜日、横浜市芸術文化教育プラットホーム 学校プログラムとして
横浜市立永谷小学校に行ってきました。
e0189014_16463452.jpg

サックス奏者の大石将紀さんとピアニストの新居由佳梨さんを講師に、
4年生を対象とした全3日間のワークショップを行います。

e0189014_16494874.jpg
念入りにリハーサルをするお二人。
子どもたちはどんな反応を見せてくれるのでしょうか?






わくわくした表情で音楽室に集まった子どもたちの前に、大石さんがサックスを吹きながら登場!
子どもたちも興味津々で大石さんに釘付けです。
e0189014_1658066.jpg

新居さんも登場し、サックスとピアノのセッションから、
「勇気100%」のメロディーが流れだしました。
リズムに乗る子どもたちの姿も見受けられます。

最初に、大石さんによるサックスについての説明から始まりました。
「何ていう人がつくったか、わかるかな?」と問いかけると、たくさんの子どもたちが元気よく手を挙げます!
正解を答える子どもたちもちらほら。みんな物知りだなぁ!
そう、サックスは1840年(175年前!)頃、ベルギーのアドルフ・サックスという人が作った楽器です。
サックスは全部で7種類。今回はソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックスの3種類を用意してくださいました。
e0189014_13582516.jpg
こちらの「ゲットブラスター」というラジカセ(かっこいい…!!)を使って、
Jacob TVの「Grab it!」という曲を、テナーサックスで演奏してくださいました。
e0189014_1701352.jpg

ラジカセから人の声等をサンプリングした音が流れ、テナーサックスとのデュエットが繰り広げられる楽曲。
聴いたことのない楽曲に初めはびっくりしつつも、聴いているうちに、そのあまりのかっこよさにみんな目がキラキラ。

e0189014_1473367.jpg

続いては、新居由佳梨さんによるピアノについての説明です。
ピアノには「グランドピアノ」と「アップライトピアノ」の2種類があります。なんと1台につき1万個以上の部品で成り立っているんだって!

楽器は震えることで音がでます。そこで新居さんから
「みんなの身体にも楽器があるんだけど、わかるかな?」という問題が。
子どもたちから次々といろんな答えが返ってきました。
みんなで喉に手を当てて「あー」と声を出すと、喉が震えてる!
つまり、身体の中の楽器の正体は、喉!
喉が震えて声という「音」が出るんだね♪

そして、ポーランドの作曲家であるショパンの「幻想即興曲」を演奏してくださいました。
e0189014_14124549.jpg

美しい音色に子どもたちも静かに聴きいっていました。
みんなの集中力、本当に素晴らしい!

最後に、大石さんと新居さん二人での演奏です。
・星に願いを
・ブラームス「ソナタ 2楽章」
・ラヴェル「ソナチネ 3楽章」
以上の3曲を演奏してくださいました。
新居さんから、ブラームスについて「シャイで気難しいけど温かくて子どもが大好きな作曲家」という説明も。
e0189014_14152346.jpg

それぞれ3曲の音色の違い、みんなわかったかな?

演奏前にお二人から「自由にいろんなことを考えながら聴いてみよう」との提案が。
色、気持ち、風景、物語…… 音楽を聴いて、みんなの頭の中にはどんな景色が浮かんだのかな。

次回は1月23日金曜日。
子どもたちから次回を心待ちにする歓声が上がりました!
さぁ、今度はみんなが表現する番♪
どんな内容になるか、とても楽しみです!




スタッフ:k
[PR]
by yoshino-plaza | 2015-01-19 17:06 | ワークショップ